ニュース

車いすラグビー、日本が2大会連続「銅」…豪州に60対52で勝利

 
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

車いすラグビー3位決定戦、豪州のボールを奪う池透暢(中央)(29日、国立代々木競技場で)=秋月正樹撮影
車いすラグビー3位決定戦、豪州のボールを奪う池透暢(中央)(29日、国立代々木競技場で)=秋月正樹撮影

 東京パラリンピックは第6日の29日、車いすラグビーで日本が銅メダルを獲得した。3位決定戦で豪州を60―52で破った。日本は前回の2016年リオデジャネイロ大会も3位で、2大会連続2度目のメダルとなった。

 日本は、1次リーグで勝っている豪州に対し、池 透暢ゆきのぶ (日興アセットマネジメント)、池崎大輔(三菱商事)の両エースらを中心に主導権を握った。前半を30―25で折り返し、後半も攻守に隙を見せず、完勝した。

 リオ大会後に就任した米国出身のケビン・オアー監督のもと、18年の世界選手権(豪)でリオ・パラリンピック銀メダルの米国、同金メダルの豪州を破って初優勝を果たした。翌年には日本開催だった国際大会「ワールドチャレンジ」でも3位。5大会連続出場となった今大会は、目標の金には届かなかったが、メダルを確保した。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2323772 0 東京パラリンピック2020速報 2021/08/29 15:57:00 2021/08/29 16:07:32 車いすラグビー3位決定戦、豪州陣でボールを奪う池透暢(中央)(29日、国立代々木競技場で)=秋月正樹撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/08/20210829-OYT1I50052-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「車いすラグビー」のニュース

パラリンピック 新着ニュース