ニュース

ラグビー「銅」一夜明け、主将の池透暢「少しホッと」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 2大会連続の銅メダルを獲得した車いすラグビーの日本代表が一夜明けた30日、東京都内で記者会見に臨み、主将の池 透暢ゆきのぶ (41)(日興アセットマネジメント)は「日本中で熱いエールを送ってくれた皆様に何とか形として銅メダルを取れて、少しホッとしている」と振り返った。

銅メダルを獲得し会見する車いすラグビー日本代表の池崎(30日)=代表撮影
銅メダルを獲得し会見する車いすラグビー日本代表の池崎(30日)=代表撮影

 悲願の金メダルは逃し、「目標に届かなかった悔しさはある。現在地を知った大会だった」としつつも、「一つ結果を残せたことは未来につながる一歩かなと思うので、さらに前進していきたい」と胸を張った。

 柔道の女子70キロ級で銅メダルを獲得した小川和紗(24)(オー・エル・エム)も記者会見し、「金メダルが欲しかったけど、銅メダルも立派なメダルだなと思う。少しでも恩返しができた」と喜びをかみしめた。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2325990 0 東京パラリンピック2020速報 2021/08/30 15:00:00 2021/08/30 16:44:51 銅メダルを獲得しメダリスト会見に臨む車いすラグビー日本代表の池崎 ※※ =東京都内で(代表撮影)=30日午前11時8分、東京都内で(代表撮影) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/08/20210830-OYT1I50108-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「柔道(パラ)」のニュース

パラリンピック 新着ニュース