ニュース

パラ自転車ロード・杉浦佳子、50歳で金メダル…日本選手で史上最年長の快挙

 
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京パラリンピックは第8日の31日、自転車ロードの女子タイムトライアル(運動機能障害C1~3)で、初出場の杉浦佳子(50)(楽天ソシオビジネス)が25分55秒76で金メダルを獲得した。50歳での金メダルは、男女を通じ日本選手史上最年長の快挙。

自転車ロード女子タイムトライアルの金メダルを胸に、笑顔を見せる杉浦佳子(31日、富士スピードウェイで)=池谷美帆撮影
自転車ロード女子タイムトライアルの金メダルを胸に、笑顔を見せる杉浦佳子(31日、富士スピードウェイで)=池谷美帆撮影

 自転車日本勢の今大会メダル第1号で、これで1996年アトランタ大会以降、7大会連続のメダル獲得となった。日本選手団全体では今大会5個目の金。

 レースは静岡県の富士スピードウェイを会場に、16キロで争われた。杉浦は中間の8キロでトップ。後半もリードを保ち、2位に20秒以上の差をつけた。

自転車ロード女子タイムトライアルで金メダルを獲得した杉浦佳子(31日、富士スピードウェイで)=池谷美帆撮影
自転車ロード女子タイムトライアルで金メダルを獲得した杉浦佳子(31日、富士スピードウェイで)=池谷美帆撮影

 杉浦は静岡県掛川市出身。2016年に自転車レース中に転倒して高次脳機能障害が残り、パラ自転車へ転向。17年の国際大会で銅メダルを獲得すると、その後も世界選手権などで好成績を残してきた。

スクラップは会員限定です

使い方
2328214 0 東京パラリンピック 2021/08/31 10:03:00 2021/08/31 13:15:17 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/08/20210831-OYT1I50062-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「自転車(パラ)」のニュース

パラリンピック 新着ニュース