ニュース

ボッチャ個人、杉村英孝が「金」…日本勢で初

 
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京パラリンピックは第9日の1日、ボッチャ個人(脳性まひBC2)決勝で、杉村英孝(39)(伊豆介護センター)が、2016年リオデジャネイロ大会覇者のワトチャラポン・ウォンサ(タイ)を5―0で破り金メダルを獲得した。

ボッチャ個人(脳性まひBC2)で日本勢初となる金メダルを獲得した杉村英孝(1日、有明体操競技場で)=沼田光太郎撮影
ボッチャ個人(脳性まひBC2)で日本勢初となる金メダルを獲得した杉村英孝(1日、有明体操競技場で)=沼田光太郎撮影

 ボッチャの日本勢は、リオ大会で杉村もメンバーだったチームが銀メダルを獲得しているが、個人種目で初のメダル。今大会の日本選手団全体の金メダルは6個となった。

 杉村は8月31日の準決勝で12年ロンドン大会金のマシエル・サントス(ブラジル)との接戦を制した。決勝は正確なショットで終始優位に試合を進め、相手に1点も許さず完勝した。

 杉村は静岡県伊東市出身。先天性脳性まひで、特別支援学校高等部3年の時に重度障害者向けのボッチャを本格的に始めた。パラリンピックはロンドン大会から3大会連続出場。

スクラップは会員限定です

使い方
2332215 0 東京パラリンピック 2021/09/01 19:13:00 2021/09/01 20:35:03 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/09/20210901-OYT1I50141-T-e1630493158330.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「ボッチャ」のニュース

パラリンピック 新着ニュース