ニュース

女子団体敗退…卓球

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

卓球女子団体の準々決勝で敗れた友野有理(右)と竹内望
卓球女子団体の準々決勝で敗れた友野有理(右)と竹内望

 女子団体(立位9~10)の準々決勝で、竹内望(エントリー)と友野有理(日体大)の日本はポーランドに0―2で敗れた。

完敗「勉強になった」

 友野と竹内の日本は、パラリンピックで金メダル通算5個のナタリア・パルティカを擁するポーランドにダブルス、シングルスとも完敗。それでも、試合中は笑顔を絶やさないよう心がけ、友野は「前向きな気持ちでいられた。今後につながる経験だった」。竹内も「体勢が崩れた後の戻りの速さなど本当に勉強になった。これをスタートラインにし、パリを目指していきたい」と語った。

無断転載・複製を禁じます
関連キーワード
スクラップは会員限定です

使い方
2332944 0 東京パラリンピック2020速報 2021/09/02 05:00:00 2021/09/02 05:00:00 卓球女子団体で、ポーランド組と対戦した友野有理(右)、竹内望組(1日午前10時5分、東京アクアティクスセンターで)=菅野靖撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/09/20210901-OYT1I50206-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「卓球(パラ)」のニュース

パラリンピック 新着ニュース