ニュース

[パラ友]柔道日本代表 広瀬悠・順子夫妻(インタビュー全文)

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 読売新聞パラリンピック・スペシャルサポーターを務める俳優の中尾明慶さん(33)、仲里依紗さん(31)夫妻が、東京パラリンピック・柔道日本代表の広瀬 (はるか) (42)、順子(30)夫妻(ともにSMBC日興証券)にインタビューし、大会の思い出や今後の抱負などを聞いた。(対談はリモートで行われました)

残り26秒…夫の「逃げろー」届かず

中尾明慶(以下、中尾)、仲里依紗(以下、仲) 「お疲れさまでした」

広瀬悠(以下、悠)、広瀬順子(以下、順子) 「ありがとうございます」

中尾 「どうですか。大会を振り返って率直な気持ちは(編集部注:悠選手は男子90キロ級7位、順子選手は女子57キロ級5位)」

柔道女子57キロ級、ベラルーシの選手に一本勝ちした広瀬順子(上)=近藤誠撮影
柔道女子57キロ級、ベラルーシの選手に一本勝ちした広瀬順子(上)=近藤誠撮影

順子 「試合が終わった後は、すごくやり切った気持ちでいっぱいだったんですけど、時間がたって、冷静に試合のことを考えると、こうしておけばよかったという、悔しさが少しずつ出てきています」

仲 「悠さんは、順子さんに3位決定戦の前はどんな言葉をかけられましたか」

悠 「(対戦相手は)トルコの世界ランク1位の選手で、いつも15秒くらいで負けていたのですが、今大会はすごく調子が悪そうだったので、『今回はワンチャンあるで』と言いました。『最後まであきらめるなよ』みたいな感じで言ったんです。順子さんは対策を練っていて、すごくいい勝負をしました。あとラスト26秒で追いつかれて、最後に負けてしまった。あそこまではコーチ目線で言うと、いい勝負をしたなと思います。『あと26秒かぁ』と思って、すごく惜しかったですね」

中尾 「組んだところから始まってしまうので、残り26秒で、時間稼ぎっていう言い方が正しいかわからないですけど、それが全然できないなと思って。改めて、パラ柔道の難しさかがわかりました。追いつかれた瞬間はどういった状況だったんですか。作戦というか、残り26秒っていうのは、ご自身もわかっていたと思いますし」

順子 「その26秒っていうのは試合が終わってから知ったんです。『待て』がかかった時に、『ラスト40秒』というコーチの声を聞いていて。今、冷静に考えたら、40秒間は技をかけずに、指導をもらっても、耐えていればよかったのかなと思うんですけど、試合をしている間は、組んでいる腕から、相手の勝ちたいという気持ちがすごく伝わってきていて。それなので技ありを取ってからも、守るんじゃなくて、自分ももう一回、技ありを取って勝ちたいという気持ちで試合をしていました」

中尾 「悠さんから見て、いかがでしたか、その時は」

悠 「3位決定戦以外は試合会場にいたんですけど、3位決定戦の時は自分の減量が間に合わなくて、選手村にいました。スマホで試合を見ていて、ずっと『逃げろ、逃げろ』と言っていたんですけど……。まあ、順子さんらしく攻めていったので、順子さんらしい、いい姿だったかなと思います」

中尾 「すごいなあ。そこが感動ですね。最後の最後まで攻め続けないといけないし、攻め続けるというのは、見る側としてはハラハラ、ドキドキがすごくて。楽しませていただいたんですけれど」

1年延期で体重増…減量に苦しむ

仲 「減量が間に合わない、その大変さがあったんですね。それを聞いて、1年延期になって、コロナ禍の状況で、選手の方たちがぎりぎりまで振り回されたんですね。そういう中でモチベーションをキープするのは大変ですよね。私も役者で、作品が1年延びたとか、それに合わせてモチベーションを保っていかないといけない、体重をキープしなきゃいけないとなったらどうするか。違う立場ですけど、そのつらさというか、ちょっとはわかるので、大変だっただろうなと思います」

悠 「自分たちはコンタクトスポーツだったので、練習するのも、考えながらしないといけないような状態でした。この状況下で本当にパラリンピックをやるのかというのもあって、自分は16キロも太りました。順子も10キロくらい太ってしまって。僕は3か月で16キロを落としたんですけど、本当に体重をキープするのがすごく大変でした」

仲 「16キロ?」

柔道男子90キロ級、ブラジルの選手を攻める広瀬悠選手(右、日本武道館で)=近藤誠撮影
柔道男子90キロ級、ブラジルの選手を攻める広瀬悠選手(右、日本武道館で)=近藤誠撮影

悠 「前日の軽量なので、順子さんの3位決定戦の夜8時が僕の計量だったんです。その日の朝はまだ1・4キロくらいオーバーしていて。それで会場に行ってサウナスーツ上下を着て、ジャージーを着て応援してたんですけど、全然体重が落ちている感じがしなかったので、夕方に選手村に帰りました。それでもまだ0・4キロもオーバー。そこから選手村の中を1時間くらい走ったんですけど、0・2キロしか落ちない。計測は午後7時に集合するんですけど、正直、自分で測った体重は90・0やったんです。体重計で値が変わるので、本当は90キロよりも0・4キロくらいはやせておかなければいけないんです。でも先生に『もうこれが限界です、僕はもうこれ以上は落とせません』と言って。そのまま行ったら、向こうの体重計で89・5キロでクリアしました。本当にギリギリやったんです。もう水分も出なくて」

中尾 「そこからもうリカバリーして」

悠 「そうですね。次の日は94キロありましたけどね」

中尾 「そういう意味じゃ、ボクサーの減量とかと一緒ですよね。一晩で、ばーっと戻っちゃうって」

悠 「1日で4キロ飲んで食べちゃいましたね」

選手村の日本料理がおいしすぎた?

悠 「選手村の食堂ですが、いろんな国の料理があって、大きな食堂以外に小さな食堂もあったんですけど、そこの日本料理が本当においしくて、減量の合間にちょっと食べに行ったんですけど、食べ過ぎて大変なことになりました」

中尾 「選手村のせいですね(笑)」

悠 「やっぱり日本の料理はおいしい。どの国の人に聞いても今回の選手村が一番おいしいと言ってました。あとはジュースとか、アイスとかヨーグルトとかも全部無料で、死ぬほど食べられるんですよ。そんな夢の国はないですよね」

中尾 「へえ~、そうなんですね。じゃあもう減量中は、変な話、甘い誘惑がいっぱいあるんですね」

悠 「もう誘惑どころじゃないくらい。危うく食べ過ぎてしまいそうになるんです。ちょっとでいいなって思うんですけど」

中尾 「でも大会中は我慢された。試合が終わって一番最初に食べたものは何だったんですか」

順子 「おいしかった日本料理の食堂に行って、食べたいものを全部のせて食べました」

コロナ禍で試合できず、試合勘が戻らず

中尾 「悠さんはリオの時は残念ながら、勝利できなかった部分もあったなかで、今回は1勝しました。振り返ってみてどうですか」

オンラインのインタビューを受ける広瀬悠選手(左)、順子選手
オンラインのインタビューを受ける広瀬悠選手(左)、順子選手

悠 「今回は1勝はできたんですけど、正直コロナ前だと、1勝した後に戦った対戦相手の人とはいい勝負ができてたんです。でも相手は世界大会に出ていた。自分は2年間、世界大会に出られなくて。やっぱり2年ぶりに試合をすると、それまで競っていた相手にすぐ負けてしまって。本当にこの1年の延期というのは憎いというか、それを感じた試合だったなと」

中尾 「試合勘が戻っていないみたいな感覚なんですかね」

悠 「そうですね。健常者の人と練習はしていたんですけど、やっぱり試合が始まると、パラ柔道は全然違っていた。正直パニックになった。『始め』と言われた瞬間に、『あ、これやった』という思い出した感じになって……」

中尾・仲 「ああ、なるほど」

悠 「全然やり方が違っていて、もう少し事前に試合に出ていれば、戦えたのかなとは思いました」

中尾 「どうして良いかがわからない中で、よくない方に、よくない方に結果がいっちゃったみたいなことなんですか」

悠 「そうですね。健常者の柔道だと、『始め』と言ったら、隙を狙うような感じなんですけど、パラ柔道は始まると(すでに組み合っているので)お互いが引き合うんですね。両方が引き合って、そこの駆け引きがあるんですけど、引くという動作をずっとしてなかったので。引っ張り合うのに必死になってしまった。相手は試合に慣れているので、それをうまく使って、緩めたり引いたりして技を決めたんです。自分は相手にいいところを持たれない、体を預けないように、引くことに一生懸命になってしまい、そこを突かれました」

中尾・仲 「うーん」

悠 「それは他の人も全員言ってましたね。『あ、全然違う』という感じで。順子さんは3か月前に試合をしているのですが、それがなかったら、あのようないい勝負はできてなかったと思います」

中尾 「順子さんは3か月前に試合をしたことは大きかったですか」

順子 「そうですね。3か月前に、1年半ぶりくらいに試合に出た時は、1勝もできなくて、ボロ負けしてしまって、すごく落ち込んでいたんですけど、その悔しさがあったおかげで、パラリンピックでは、結果は出なかったんですけど、自分の中の力を出し切る試合ができたのかなと思います」

今後、パリ大会に向けて

仲 「でも、終わってホッとしましたか。どうですか、ご帰宅されて」

悠 「自分たちの中では勝っても負けても、もう東京で終わりでいいというつもりでいたんですけど。取材を受けるたびに試合を振り返らないといけない。初めはすごくすっきりしてたんですが、順子さんが試合を振り返っているときに、私が『惜しかったよ』とか言うと、大泣きして。それで、だんだん悔しさが大きくなって。順子さんは『引退する』と言ってたんですけど、気が付いたら、『続けてもいいかなって思います』と言いだしました」

中尾 「今でも順子さんの中では、続けていこうかなという思いですか」

柔道女子57キロ級3位決定戦、トルコの選手(手前)に敗れた広瀬順子選手(日本武道館で)=池谷美帆撮影
柔道女子57キロ級3位決定戦、トルコの選手(手前)に敗れた広瀬順子選手(日本武道館で)=池谷美帆撮影

順子 「そうですね。試合前は柔道の練習もしんどいし、東京で終わろうって思ってたんですけど、試合をして、相手と試合後にハグをすると、もっと続けたいなと思ったし、今まで負けてきた相手に、ゴールデンスコアまで行くことができましたし。試合が終わると、やっぱり頑張ることって無駄じゃないんだなって、自分の中でも思えて。もっと柔道を頑張ってみたいなって」

中尾 「悠さんはいかがですか。この先」

悠 「自分は年齢が年齢なので。今までは楽しい柔道を掲げてたんですけど、次からは健康柔道です。減量で無理しすぎて体を壊しそうになったので、楽しい健康柔道を掲げるんです。順子さんはこれからも勝ちに行く柔道をやってもらって、僕は無理せず頑張りたい」

中尾 「すごいなあ。3年後になりますけども、順子さんはパリをやっぱり目指してもう一回と思われていますか。終わった直後にこんなことを聞くのは申し訳ないんですけど」

順子 「うーん、そうですね。やっぱり柔道は続けたいって気持ちは変わらないですけれど、ずっと子供が欲しいのを我慢してやってきたので。パリまでこのまま続けるのか、子供も欲しいので、それをすごく悩んでいます」

中尾 「なるほど。悠さんはいかがですか」

悠 「そうですね。4年あったら子供を産んでも余裕があったんですけど、3年だとなかなか難しいところがあるんです。でもやっぱり、(中尾さんと仲さん)夫婦のYoutubeを拝見すると、すごく仲良くて、子供さんともやられていて……」

仲 「ありがとうございます!」

悠 「仲の良いところを見ていると、僕はこれまでは子供はいなくてもいいかなと思ってはいたんですけど、子供がいるのもいいなと」

中尾 「あぁ、そっかー」

仲 「私は、産んで2か月で復帰したので。子育てを最初は重く感じてたんですけど、大変だろうとか。でも絶対大丈夫だから! 産んだ側からすると、絶対いけると思う。(柔道も子供も)どっちもあきらめてほしくない」

中尾 「今回は日本大会で、特別な思いはありましたか」

順子 「試合が日本で開催されると決まってから、これまで以上にパラリンピックをメディアに取り上げてもらいました。私たちも理解してもらい、練習する場所が増えました。パラリンピックを知ってもらったり、障害の理解をしてもらったりするきっかけになった大会だったと思っています。この大会で終わってしまうのではなくて、ずっとパラリンピックを知ってもらうということが広がっていけばいいなと思っています。日本で開催されたことで、試合の期間中にすごく安心感があって、普段の大会よりストレスなく試合を迎えられたなと思います」

中尾 「悠さんはいかがですか」

悠 「選手村で他の日本の競技者とも話をしました。他の競技もそうなんですが、若手がメダルを取ることができ、パラスポーツが若手の選手に広まり、パラリンピック出場が目標になった。パリとその先のパラリンピックも、こうした傾向がずっと続いて、自分たちのような、おじさんとおばさんが出場できないように、若手がどんどん育ってほしいなと思います」

中尾 「これまでの大会に比べて圧倒的にパラリンピックの特集も増えた気もしますし、メディア露出も増えたと思います。僕の周りでも、日本大会でパラスポーツを知って、興味を持ち、『パラリンピックの競技は面白い』という声も増えました。これからさらに盛り上がっていくと思います。お2人の活躍をこれからも楽しみに応援させていただきます」

悠・順子 「ありがとうございます」

中尾明慶さん(左)と仲里依紗さん
中尾明慶さん(左)と仲里依紗さん

 ◇ なか・りいさ  1989年10月18日生まれ。長崎県出身。ドラマ・映画に出演するほか、モデルとしても活躍。TBS日曜劇場「TOKYO MER~走る緊急救命室~」に出演中。映画「クレヨンしんちゃん 謎メキ!花の天カス学園」が公開中。映画「土竜の唄 FINAL」が11月19日に公開予定。

 ◇ なかお・あきよし  1988年6月30日生まれ。東京都出身。役者としてだけでなく、様々な分野で幅広く活躍。テレビ東京「SUPER GT+」ではMCも務める。日本テレビ系連続ドラマ「ボクの殺意が恋をした」に出演中。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2335858 0 東京パラリンピック2020速報 2021/09/03 05:10:00 2021/09/03 05:10:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/09/20210902-OYT1I50054-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「パラ友」のニュース

パラリンピック 新着ニュース