ニュース

[パラ友]柔道日本代表 広瀬悠・順子夫妻…時間たつほど悔しさ

 
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 読売新聞パラリンピック・スペシャルサポーターを務める俳優の中尾明慶さん(33)、仲里依紗さん(31)夫妻が、東京パラリンピック・柔道日本代表の広瀬 はるか (42)、順子(30)夫妻(ともにSMBC日興証券)にインタビューし、大会の思い出や今後の抱負などを聞いた。

ラスト26秒

 中尾明慶(以下、中尾)「大会を振り返って率直な気持ちは」

笑顔でオンライン取材に答える広瀬悠(左)、順子夫妻
笑顔でオンライン取材に答える広瀬悠(左)、順子夫妻

 広瀬順子(以下、順子)「試合が終わった後はやり切った気持ちでいっぱいだったんですけど、時間がたって冷静に考えると、こうしておけば、ああしておけばという悔しさが出てきています」

 広瀬悠(以下、悠)「順子はラスト26秒で追いつかれて最後負けてしまったので。すごい惜しかったです。自分は今回は1勝できたんですけど、2年間試合をしていなくて、それまで競っていた相手にすぐ負けてしまって。本当にこの1年延期は憎いと感じた試合でした」

 中尾「1年延期の影響はありましたか」

 悠「この状況下で本当に大会をやるのかという中で、自分は16キロも太りました。順子も10キロくらい太ってしまって。大変でした」

 仲里依紗(以下、仲)「減量は大変でしたね」

 悠「試合前日夜の8時が計量だったんですけど、朝の状態で1・4キロオーバーしていて。サウナスーツを着て応援したり、選手村を走ったりして、最後は89・5キロでギリギリでした。次の日は94キロありましたけど」

 中尾「順子さんは3か月前に試合に出たのが大きかったですか」

柔道女子57キロ級3位決定戦、トルコ選手(手前)に敗れた広瀬順子            (28日、日本武道館で)=近藤誠撮影
柔道女子57キロ級3位決定戦、トルコ選手(手前)に敗れた広瀬順子            (28日、日本武道館で)=近藤誠撮影

 順子「その時は1勝もできなくてぼろ負けしてしまって。でもその悔しさがあったおかげで、パラリンピックでは力を出し切る試合ができたと思います」

 仲「終わってホッとしましたか」

 悠「何度か取材を受けて、順子が試合を振り返るときに、自分が『惜しかったよ』と言い出すと大泣きして。悔しさが大きくなってきたみたいです」

 順子「試合前は東京で終わろうと思っていたんですけど、今まで負けてきた相手にゴールデンスコアまで行くことができて、頑張ることは無駄じゃないと思えて。もっと頑張ってみたい気持ちがあります」

 悠「僕は年齢が年齢なので。今回減量で無理しすぎて体を壊しそうになったので、無理せず『健康柔道』で頑張りたいです」

若手育って

 中尾「パリ大会が3年後にあります」

 順子「柔道を続けたいという気持ちは変わらないんですけど、子供がほしいのを我慢してやってきたので。パリまで続けるのか、子供作ってみようかなとか……。今悩んでいます」

柔道男子90キロ級1回戦で、アルジェリアの選手(左)に勝った広瀬悠          (29日、日本武道館で)=近藤誠撮影
柔道男子90キロ級1回戦で、アルジェリアの選手(左)に勝った広瀬悠          (29日、日本武道館で)=近藤誠撮影

 悠「お二人をYouTubeなどで拝見すると、本当に子供さんとも仲良くやられていて。僕、子供はいらないって思っていたんですけど、『ああ、子供もいいな』って思いました」

 仲「私は産後2か月で仕事に復帰しました。子育ては、最初は私も重く感じていたんですけど、絶対大丈夫! どっちも諦めてほしくないです」

 中尾「日本開催で特別な思いはありましたか」

 順子「これまで以上にパラリンピックをメディアでも取り上げてもらい、障害を理解してもらうきっかけになった大会だったなと思っています」

 悠「今回は若手が色々なスポーツでメダルを取り、パラスポーツが若手選手の目指すところになりました。自分たちのようなおじさん、おばさんが出られないように、若手がどんどん育ってほしいですね」

リオも2人で出場

 広瀬順子は小5で柔道を始め、山口・西京高では全国高校総体にも出場。病気で大学1年時に弱視となり、大学3年で視覚障害者柔道を始めた。2013年に日本代表チームで悠と出会い、15年に結婚。16年のパラリンピック・リオデジャネイロ大会で銅メダルを獲得した。東京大会は女子57キロ級3位決定戦で惜敗した。

 広瀬悠は小学2年で柔道を始め、愛媛・宇和島東高で高校総体出場。緑内障で左目の視力をほぼ失い、一度は競技から離れたが、松山盲学校で再開し、08年北京と、リオ大会に出場。東京大会は男子90キロ級で初戦を突破したが、その後敗退した。

中尾明慶さん(左)と仲里依紗さん
中尾明慶さん(左)と仲里依紗さん

  なかお・あきよし  1988年6月30日生まれ。東京都出身。日本テレビ系連続ドラマ「ボクの殺意が恋をした」に出演中。

  なか・りいさ  1989年10月18日生まれ。長崎県出身。TBS日曜劇場「TOKYO MER~走る緊急救命室~」に出演中。

◎運動部・工藤圭太が担当しました。

◎新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、オンラインによるインタビューとしました。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2335779 0 東京パラリンピック2020速報 2021/09/03 05:05:00 2021/09/03 05:05:00 【清水デスク宛】中尾明慶さん(左)と仲里依紗さん ※無断使用不可 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/09/20210902-OYT1I50170-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「新型コロナ」のニュース

パラリンピック 新着ニュース