ニュース

パラ競泳のメダルコレクター・鈴木孝幸、ついに通算10個目の大台「一番いい大会になった」

 
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京パラリンピックは2日、競泳男子50メートル自由形(運動機能障害S4)の決勝が行われ、鈴木孝幸(34)(ゴールドウイン)が37秒70で銀メダルに輝いた。鈴木は今大会、出場した5つの個人種目すべてでメダルを獲得する大活躍で、金1個、銀2個、銅2個だった。過去の大会でも金1個、銀1個、銅3個を得ているメダルコレクターはこの日、通算獲得数をついに10個の大台に乗せた。

競泳男子50メートル自由形でイタリアのルイジ・ベッジャト(奥)と争い、銀メダルを獲得した鈴木孝幸(2日、東京アクアティクスセンターで)
競泳男子50メートル自由形でイタリアのルイジ・ベッジャト(奥)と争い、銀メダルを獲得した鈴木孝幸(2日、東京アクアティクスセンターで)

 決勝で、鈴木はスタートでやや出遅れたものの、徐々に順位を上げた。トップのイスラエルの選手には追いつかなかったが、終盤に1人抜いて2位に入った。「ちょっとスタートで足を滑らせ、飛び込んだ時には『しまった』と思った」と苦笑い。「その後はできる限り挽回した。最後まで勝負をあきらめずに泳げたのは、すごくよかった」と振り返った。

 メダルなしで終わった5年前のリオデジャネイロ大会から一転して5個のメダルをつかみ、今大会を泳ぎ終えた。鈴木は「金メダルを取れたのが大きかったし、もう一つの東京大会での目標にしていた全種目でのメダルも達成できた。この2点は非常にうれしい」と語り、表情に満足感を漂わせた。

 「今までで一番いい大会になった。オリンピック同様、パラリンピックも多くの方に見ていただいた。競技を見て、純粋におもしろいなと思ったり、スポーツとして楽しんでもらえたりしたなら、非常にうれしく思う」。今後については「今はトレーニングしたくないというのが正直なところ。落ち着いて考えたい」と話した。(読売新聞オンライン・谷口愛佳)

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2335831 0 東京パラリンピック2020速報 2021/09/02 22:00:00 2021/09/02 22:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/09/20210902-OYT1I50174-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「競泳(パラ)」のニュース

パラリンピック 新着ニュース