ニュース

50歳・杉浦佳子、パラ自転車女子ロードレース「金」…今大会2個目

 
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京パラリンピックは第11日の3日、自転車の女子ロードレース(運動機能障害C1~3)で杉浦佳子(楽天ソシオビジネス)(50)が金メダルを獲得した。杉浦は、8月31日のロード女子タイムトライアルの優勝で自ら達成した、日本選手史上最年長の金メダル記録を3日更新した。日本選手団全体では、今大会7個目の金。

自転車女子ロードレースで金メダルを獲得し、ゴール後に笑顔を見せる杉浦佳子(3日、富士スピードウェイで)=菅野靖撮影
自転車女子ロードレースで金メダルを獲得し、ゴール後に笑顔を見せる杉浦佳子(3日、富士スピードウェイで)=菅野靖撮影

 静岡県の富士スピードウェイを会場に39・6キロで争われたレースは、杉浦らが先頭集団を形成。終盤の上り坂でスパートをかけた杉浦は、4人のグループから抜け出し、後続を突き放してゴールした。

自転車女子ロードレースで、タイムトライアルに続き2つ目の金メダルを獲得した杉浦佳子(3日、富士スピードウェイで)=菅野靖撮影
自転車女子ロードレースで、タイムトライアルに続き2つ目の金メダルを獲得した杉浦佳子(3日、富士スピードウェイで)=菅野靖撮影

 杉浦は静岡県掛川市出身。2016年に自転車レース中に転倒して高次脳機能障害が残り、パラ自転車へ転向。17年の国際大会で銅メダルを獲得すると、その後も世界選手権などで好成績を残し、初のパラリンピックに臨んだ。

スクラップは会員限定です

使い方
2337040 0 東京パラリンピック 2021/09/03 11:14:00 2021/09/03 12:40:53 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/09/20210903-OYT1I50067-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「自転車(パラ)」のニュース

パラリンピック 新着ニュース