ニュース

[パラのはてな]ボッチャの球

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

様々な素材で作られたボッチャの球。球選びも勝敗を分ける一つのポイントだ
様々な素材で作られたボッチャの球。球選びも勝敗を分ける一つのポイントだ

 対戦相手と6球ずつを投げ合い、目標球にどれだけ近づけるかを競うボッチャ。球の素材や硬さ、縫い目、湿度などで転がり具合や弾み方がミリ単位で変わる。このため、球にこだわり、自己流に加工する選手も少なくない。

 国際ボッチャ競技連盟のルールでは、球の重さは263~287グラム、周長は262~278ミリと定められ、一定の距離を転がることなどが要件とされる。こうした規格を満たせば、外皮の素材や内部の構造を自由に加工することが認められている。

 外皮には人工皮革のほか、豚や羊などの天然皮革、フェルトが用いられる。相手の球をはじき出したい時には人工皮革の硬い球を使うなど、戦略によって球を使い分ける。市販の球の内部に入っているプラスチックの粒を抜き、豆や米に入れ替える選手もいる。勝負は、球選びから始まっている。

無断転載・複製を禁じます
関連キーワード
スクラップは会員限定です

使い方
2337659 0 東京パラリンピック2020速報 2021/09/03 15:00:00 2021/09/03 15:00:00 白色の目標球と外皮の素材が異なる赤色と青色の球 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/09/20210903-OYT1I50100-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「ボッチャ」のニュース

パラリンピック 新着ニュース