ニュース

「メダル取れないと終われない」…カヌー7位入賞・瀬立モニカ、夢舞台での一問一答

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京パラリンピックは4日、カヌー・女子カヤックシングル(運動機能障害KL1)決勝が行われ、2大会連続出場の 瀬立(せりゅう) モニカ(23)(東京・江東区協会)は57秒998で7位だった。決勝後にレースを振り返った。

――7位でのゴールになった。

カヌー女子スプリント・カヤックシングル決勝、7位となった瀬立モニカ(左)(4日、海の森水上競技場で)=近藤誠撮影
カヌー女子スプリント・カヤックシングル決勝、7位となった瀬立モニカ(左)(4日、海の森水上競技場で)=近藤誠撮影

 金メダルを目指してこの5年間、進んできたので悔しい気持ちはすごくあるけれど、今日はたくさんの人たちの愛を感じながらこげたので、7位の結果は、リオ(8位)からちょっと上がっただけだけれど、すごく楽しいレースだった。

――スタートダッシュで前に出られなかった。

 準決勝では良い反応で出られたが、決勝では力み過ぎた。中盤から後半にかけて少し粘れたので、それはそれでよかった。

――レースが終わった後にその場にとどまっていたが。

 自分が目指してきた場所であって、この舞台はすごく夢の舞台だった。だからその余韻に浸っていたいというか、この時間を少しでも長く水面から感じ取っていたいという思いが強かった。「海の森(水上競技場)ありがとう」というか、(会場のある)生まれ育った江東区に感謝の気持ちで一杯だった。

――準決勝より2秒以上タイムを上げた。

 基本的に向かい風の会場だが、あまりタイムが上がったという実感がなくて、周りの選手たちに引っ張っていってもらったのかなと思った。結局はそのレースで誰が一番早くゴールできるかという競技。その点では57秒が出ても7位は7位なので、うん。そんなもんか、とそういう感じ。

――終わったばかりだが、今後の目標は?

 やっぱり、メダルが取れないとカヌーは終われない。やめられないかな、と思うけれど、自分がカヌーをやるためにはコーチとか他のチームの支えが必要なので、まずはそこにお願いするところから始めようと思う。チームのみんなにも「パリまでもう一回付き合って下さい」とお願いしたい。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2340097 0 東京パラリンピック2020速報 2021/09/04 12:53:00 2021/09/04 12:53:00 カヌー女子スプリント・カヤックシングル決勝、7位となった瀬立モニカ(左)(4日、海の森水上競技場で)=近藤誠撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/09/20210904-OYT1I50057-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「カヌー(パラ)」のニュース

パラリンピック 新着ニュース