ニュース

国枝慎吾、2大会ぶり3個目「金」…ダブルス合わせ5大会連続6個目メダル

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京パラリンピックは第12日の4日、車いすテニスの男子シングルスで、国枝慎吾(37)(ユニクロ)が金メダルを獲得した。決勝でトム・エフベリンク(オランダ)をストレートで破った。

車いすテニス男子シングルス決勝で力強いプレーを見せる国枝慎吾(4日)=菅野靖撮影
車いすテニス男子シングルス決勝で力強いプレーを見せる国枝慎吾(4日)=菅野靖撮影

 国枝はシングルスで2大会ぶり3個目の金メダルで、ダブルスも含めると4個目の金。シングルス、ダブルスを合わせて5大会連続6個目のメダルとなった。

 決勝で国枝は終始エフベリンクを圧倒。第1セットを6―1で奪うと、第2セットも主導権を渡さず6―2で制した。今大会は全5試合ともストレート勝ちで、2008年北京、12年ロンドン大会に続くシングルスの金メダルをつかみ取った。

 国枝は千葉県柏市出身。四大大会のシングルスでは通算24回の優勝を誇り、現在の世界ランキングは1位。パラリンピックは04年アテネ大会から5大会連続出場。

無断転載・複製を禁じます
関連キーワード
スクラップは会員限定です

使い方
2340921 0 東京パラリンピック2020速報 2021/09/04 21:57:00 2021/09/04 22:20:22 車いすテニス男子シングルス決勝、オランダ選手と戦う国枝慎吾(4日、有明テニスの森で)=菅野靖撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/09/20210904-OYT1I50134-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「車いすテニス」のニュース

パラリンピック 新着ニュース