ニュース

パラ団長「選手が輝いた13日間だった」、団旗を返還

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京パラリンピック閉幕から一夜明けた6日、日本選手団が記者会見を行い、河合純一団長は「1年延期という前例のない中、苦しい調整や準備を経て選手が輝いた13日間だった。見えない壁や限界を一つ超えることが出来た」と、金13個を含むメダル51個を獲得した躍進を総括した。河合氏は「聖火は静かに消えたが、選手のパフォーマンスやメッセージは国民の心に残る」とし、パラスポーツのさらなる普及と発展を願った。

銀メダルを手に笑顔を見せる車いすバスケ男子の藤沢選手(手前右から3人目)ら(6日、東京都内で)=代表撮影
銀メダルを手に笑顔を見せる車いすバスケ男子の藤沢選手(手前右から3人目)ら(6日、東京都内で)=代表撮影

 これに先立つ選手団の団旗返還式では、旗手を務めた卓球男子の岩渕幸洋(協和キリン)とトライアスロン女子の谷真海(サントリー)から河合団長を経て、日本パラリンピック委員会の鳥原光憲会長に団旗が返された。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2345752 0 東京パラリンピック2020速報 2021/09/06 21:20:00 2021/09/06 21:20:00 記者会見を終え、銀メダルを手に笑顔を見せる車いすバスケットボール男子日本代表 ※※ =東京都内の選手団会見場(代表撮影)=6日午前9時54分、東京都内の選手団会見場(代表撮影) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/09/20210906-OYT1I50120-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「卓球(パラ)」のニュース

パラリンピック 新着ニュース