ニュース

選手村でのバリアフリー、漫画で紹介…川淵三郎氏「パラリンピックが私を突き動かした」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京五輪・パラリンピック大会組織委員会と日本パラリンピック委員会(JPC)は、昨年の東京パラリンピックの選手村で実施された様々な工夫などを紹介する漫画「東京2020パラリンピック選手村の工夫を探ろう!」を製作し、JPCの公式サイト( https://www.parasports.or.jp/paralympic/tokyo2020/manga/ )で公開している。

東京五輪・パラリンピック大会組織委員会とJPCが作成した漫画「東京2020パラリンピック選手村の工夫を探ろう!」
東京五輪・パラリンピック大会組織委員会とJPCが作成した漫画「東京2020パラリンピック選手村の工夫を探ろう!」

 漫画では小学生が選手村を見学。大会で選手村の村長を務めた川淵三郎・日本サッカー協会相談役がガイド役として、段差のない通路や、スロープなどバリアフリーの取り組みなど紹介。子供たちが共生社会について学ぶ内容となっている。

 川淵氏は「パラリンピックは私を突き動かしました。この漫画が多くの方に『あるべき地域の生活』を考える契機となることを願います」とコメントしている。

スクラップは会員限定です

使い方
3014105 0 東京パラリンピック 2022/05/20 00:11:00 2022/05/20 00:11:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220519-OYT1I50198-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「5人制サッカー」のニュース

パラリンピック 新着ニュース