車いすフェンシング

車いすフェンシング 日程

  • 競技実施日競技実施日
  • メダル確定日メダル確定日
競技・種目
車いすフェンシング
競技・種目 8月 9月
24 25 26 27 28 29 30 31 1 2 3 4 5
競技・種目
  • 2021年8月16日更新

車いすフェンシング 競技紹介

 脊髄損傷や下肢切断など下半身に障害のある人が対象。ピストと呼ばれる装置に固定した競技用の車いすに座り、上半身のみで競技する。ルールは五輪とほぼ同じ。クラスは腹筋があり十分な座位バランスがあるカテゴリーAと、腹筋がなく座位バランスのないカテゴリーBとがある。東京大会では、メタルジャケットを着た胴体だけをつくフルーレ、上半身の突きを行うエペ、上半身への突きに切る動作が加わったサーブルの個人戦が男女とも行われる。団体戦はエペとフルーレが行われ、ともに3対3で戦う。

 試合は、対戦する2人の車いすを中央線に対し110度に固定するところから始め、続いて両者の腕と剣の長さを測り、短い方の選手に合わせて両者間の距離を決める。競技中は車いすの座面からお尻を離してはならないなどのルールがある。

 個人戦の予選は3分間で5トゥシュ(突き)先取制。決勝トーナメントは3分間を3セット行い15トゥシュ先取制。団体戦は1チーム3選手で、1人が3分5トゥシュ先取制を3セットずつ行い、9セット中に45トゥシュ先取か、タイムアップの時点で得点の多い方が勝ちとなる。個人戦、団体戦とも、同点の場合は1分間の延長戦がサドンデス方式で行われる。

アジアパラリンピックの車いすフェンシング男子サーブルに出場した安直樹選手(右)=2018年10月9日
競技紹介本文は時事 Copyright © JIJI PRESS Ltd. All Rights Reserved.
新型コロナウイルス感染拡大を防ぐため、今後の大会日程は変更になることがあります

車いすフェンシング 新着ニュース

パラリンピック 新着ニュース