車いすラグビー

車いすラグビー 日程

  • 競技実施日競技実施日
  • メダル確定日メダル確定日
競技・種目
車いすラグビー
競技・種目 8月 9月
24 25 26 27 28 29 30 31 1 2 3 4 5
競技・種目
  • 2021年8月16日更新

車いすラグビー 競技紹介

 男女混合の競技。コートの広さはバスケットボールと同じ。1チームは12名で構成され、コート上では4対4で戦う。専用の丸いボールをパスや膝の上に乗せるなどして運び、車いすの前後四つの車輪のうち二つがトライラインに達するか通過で1トライとなり1点が入る。四肢に障害のある選手が対象で、筋力、体幹機能などのテストを行い、障害の程度が重い順から0.5点から3.5点まで0.5点刻みで持ち点が与えられる。コートに出る4選手の合計持ち点が8点以内で構成しなければならない。女子選手が出場するときは1人につき0.5点の追加点が与えられる(チームの持ち点合計は8.5点になる)。また、車いす競技の中で唯一タックルが認められている。1試合は8分間のピリオドを4回行う。攻撃側が40秒以内に得点できなければ相手に所有権の移る40秒ルールなど、バスケットボールと同様のタイム制限もある。前方へのパスは認められており、膝にボールを乗せて運ぶ際には10秒に1度、ドリブルかパスをしなければならない。また、攻撃型と守備型で車いすのタイプが異なる。

車いすラグビーの国際大会「ワールドチャレンジ」でパスを出す日本代表の池透暢選手(中央)=2019年10月17日
競技紹介本文は時事 Copyright © JIJI PRESS Ltd. All Rights Reserved.
新型コロナウイルス感染拡大を防ぐため、今後の大会日程は変更になることがあります

車いすラグビー 新着ニュース

パラリンピック 新着ニュース