寄り添う母と子…鹿児島県奄美大島近海

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

20メートルほどの深さにいるザトウクジラの母親(下)に隠れていた子どものクジラが、呼吸のためこちらに向かって静かに浮上してきた(撮影データ:レンズは15ミリ対角魚眼 シャッタースピード200分の1秒 絞りF7.1 ISO感度1600 水面付近で)
20メートルほどの深さにいるザトウクジラの母親(下)に隠れていた子どものクジラが、呼吸のためこちらに向かって静かに浮上してきた(撮影データ:レンズは15ミリ対角魚眼 シャッタースピード200分の1秒 絞りF7.1 ISO感度1600 水面付近で)

 深い青をたたえた海。長い胸びれを動かし、ゆっくりと回転しながら腹を見せたのはザトウクジラの子どもだ。体長5メートルはあろうか。目の前を悠然と横切って水面に浮上すると、深呼吸をした。20メートルほどの深場には、母親がその様子を見守るように泳いでいるのが見える。

 鹿児島県の離島・奄美大島近海には、冬になるとザトウクジラが繁殖や子育てのために集まってくる。成長すると体長13メートル、体重30トンほどにもなる大型のヒゲクジラで、沖縄や小笠原諸島にも多く姿を見せる。日本近海のザトウクジラは回遊していて、夏には北方のベーリング海周辺で魚やオキアミなどを大量に捕食し栄養を蓄え、再び戻ってくる。

 ザトウクジラは1960年代半ばまで捕鯨の対象となっていた。一時は絶滅が心配されるほど数を減らしたが、北太平洋での捕獲が禁止されて以降、日本近海をゆりかごにして子育てするクジラの数は、徐々に増えている。奄美周辺で調査や観察をしている奄美クジラ・イルカ協会によると、2020年12月から翌年5月には、前季を118頭上回る1097頭が確認できた。調査を始めた2014年以降で最も多かったという。

 協会の (おき) 克樹会長(51)は、「クジラは、島の大事な観光資源のひとつ。観察船の数や、海に入って泳げる人数を細かく制限するなど、クジラに負担をかけないルールを作った。これからも島の素晴らしい環境を守っていきたい」と話している。(写真・文 板山康成、米山要)

写真特集

>>>大きな画面で見るには、 こちらから

動画

スクラップは会員限定です

使い方
「写真」の最新記事一覧
2767320 0 水中点描 2022/02/17 12:00:00 2022/02/18 05:17:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/02/20220208-OYT8I50077-T-e1645129016737.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)