旅立ちの時 春の空へと

[読者会員限定]
無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

福岡市東区の体験学習施設「ぐりんぐりん」の温室で、国内最大級のチョウ「オオゴマダラ」が、黄金色のさなぎから次々と羽化している。6日は二十四節気の一つ「啓蟄(けいちつ)」。冬ごもりの虫が地上に出てくる頃とされる。温室内ではチョウが舞う姿も見られ、春を待ちわびているように感じた。(6日)西部写真部 秋月正樹
475317 1 今日の写真は語る 2019/03/06 17:40:22 2019/03/06 18:32:22 2019/03/06 18:32:22 福岡市東区の体験学習施設「ぐりんぐりん」の温室で、国内最大級のチョウ「オオゴマダラ」が黄金色のさなぎから次々と羽化している。6日は二十四節気の一つ「啓蟄(けいちつ)」。冬ごもりの虫が地上に出てくる頃とされる。温室内ではチョウが舞う姿も見られ、春を待ちわびているように感じた。(6日)西部写真部 秋月正樹 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/03/リ:今日写語・西部写真部・「黄金のさなぎ_オリジナルカラー-e1551861142491.jpg?type=thumbnail

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ