数珠に触れ、仏の慈悲にふれ

[読者会員限定]
無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

比叡山延暦寺の大護摩に集まった信者らの頭に数珠を当てる行者たち。「お加持」と呼ばれ、人々の願いをかなえるため仏の功徳を授けるとされる。時折、小雪が舞う冷え込みの中、微動だにせず祈る姿に人々の信心の強さを感じた。(13日、大津市で)大阪写真部 野本裕人
487382 1 今日の写真は語る 2019/03/13 18:10:27 2019/03/13 18:10:27 2019/03/13 18:10:27 比叡山延暦寺の大護摩に集まった信者らの頭に数珠を当てる行者たち。「お加持」と呼ばれ、人々の願いをかなえるため仏の功徳を授けるとされる。時折、小雪が舞う冷え込みの中、微動だにせず祈る姿に人々の信心の強さを感じた。(13日、大津市で)大阪写真部 野本裕人 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/03/リ:済・今日写語・大阪写真部・比叡護摩_オリジナルカラー-e1552467688943.jpg?type=thumbnail

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ