読売新聞オンライン

メニュー

夕暮れの鹿児島湾で

[読者会員限定]
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 梅雨が明けた鹿児島で夕暮れの写真を撮りました。

 インターネットで日没時間と方位を調べ、地図でどんな写真が撮れるのかを考えました。水平線に沈む夕日なら西の薩摩半島が向いていますが、東の大隅半島なら桜島の近くに沈む夕日が撮れそうです。それに鹿児島湾なら多くの船が行き来しているはず。大隅半島の鹿児島湾に面した垂水市に向かうことにしました。(東京写真部 岩佐譲)

荒崎パーキングエリア
荒崎パーキングエリア

 海沿いの道で理想的な場所を見つけました。市街地から桜島のある北方向にある荒崎パーキングエリアという無料駐車場です。小高い展望台やトイレまであります。この日のために用意したスマホアプリで調べると、桜島の稜線(りょうせん)が切れたあたりに太陽が沈むようです。ワイドレンズなら雄大な姿と赤い夕日が一緒に撮れそうです。

液晶モニターにグリッド線を表示させ、露出もチェック
液晶モニターにグリッド線を表示させ、露出もチェック

 少しずつ空が色づいてきたのでカメラとスマホをチェック。水平線が傾かないように、どちらにもグリッド線を表示させます。晴れているのでカメラのISO感度は100にセット。

WBを「日陰」に合わせていっそう赤く
WBを「日陰」に合わせていっそう赤く

 夕日の撮影で重要なのはWB(ホワイトバランス)です。オートでそのままきれいに撮れる時もありますが、たいていは「曇り」や「日陰」に合わせたほうが実際の見た目に近く、きれいに写ります。

 いよいよ薩摩半島に太陽がかかりそうになると、いっそう赤くなります。望遠レンズで狙うと丸い太陽が海に反射して長く伸びていました。この光る海を漁船や帆を出したヨットが横切ってくれると風情のある絵柄になるのですが、近くに船は見当たりません。

遠くを行く船。夕日とは一緒にならなかった
遠くを行く船。夕日とは一緒にならなかった

 やがて西の空にかかった雲に真っ赤な太陽は隠れてしまいました。急に静かになったように感じたのは気のせいでしょうか。

横位置の絵柄がいいと思っても、縦でも必ず撮ります。意外に良かったりします
横位置の絵柄がいいと思っても、縦でも必ず撮ります。意外に良かったりします

作品募集のお知らせ
 「撮ろうよ!」では、みなさんの作品を募集しています。こちらからお願いします。どしどしお寄せください。
 ご意見・お問い合わせ用のメールアドレスは、 torouyo@yomiuri.com です。

 ご不便をおかけしていましたが、「撮ろうよ!」の写真投稿フォームの改修が終わり、手軽に投稿できるようになりました。

無断転載・複製を禁じます
1391318 1 撮ろうよ! 2020/08/06 15:00:00 2020/08/06 15:00:00 2020/08/06 15:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/08/20200805-OYT8I50073-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)