文字サイズ
    第39回

    高校生部門 入選作品

    「応援」 花村寿里亜(岩見沢高等養護学校2年)

    【ツイート60】

     誰よりも大きな声で頑張れ!!と応援しているあなたは情熱的だ

    「見つかった」 馬場智寛(北海道・帯広工高3年)

    【ツイート60】

     鬼ごっこで遊んでいる子供たちを撮影しました。びっくりしている2人と一目散に逃げるお姉ちゃんが可愛らしかったです。

    「オモイ」(3枚組みの1枚) 平塚榛(北海道・帯広工高2年)

    【ツイート60】

     うつむく一人の少女。自分の想いを伝えられずに悩んでいた。だけど、そこには支えてくれる友がいた。

    「修練」(3枚組みの1枚) 駒井七瀬(青森県立弘前南高2年)

    【ツイート60】

     代々受け継がれてきた刀鍛冶の歴史と伝統を守るため、日々修練を積む若き職人の姿を映し出しました。

    「風雪をたえて」 簗田梨花(秋田県立横手支援学校高等部3年)

    【ツイート60】

     今年1月、先輩が先生と吹雪の中を歩いている様子を撮りました。先輩と先生が寒そうと思いましたし、冬の厳しさを感じました。

    「開放されたい少女の声」(3枚組みの1枚) 山本優花(大阪府立成城高2年)

    【ツイート60】

     決められた線路の上を歩いて、これが当たり前だと人は言う。当たり前なんか要らない。縛らないでもっと自由に生きさせて。

    「チョークレインボー」 小林玲(川崎市立川崎総合科学高1年)

    【ツイート60】

     楽しい文化祭の雰囲気とチョークの粉が積もることで偶然出来た虹色がきれいだったので撮りました。カラフルな風船とチョークの粉が黒板の色と合わせることにより目立って良いと思いました。

    「十人」 宇井あかね(和歌山県立神島高3年)

    【ツイート60】

     去年の夏、プールが始まる前の大掃除を撮影しました。ステンレスの壁と床に映る影は、掃除を手伝ってくれているように見えました。

    「天まで届け」 大野琴音(静岡県立磐田南高1年)

    【ツイート60】

     真っ青な空。少し寂しい気持ちがして私たちから空へお届け物。しっかり届くといいな。

    「kizuna」 松浦未歩(愛知県立小牧南高2年)

    【ツイート60】

     手をつないでいる人たち、どうして手をつないでいるんだろうなと思う。どうしてかわからないけど、ずっと離れないと良いと思う。

    「時を繋ぐ」(3枚組みの1枚) 狛花音(岐阜県立岐阜総合学園高3年)

    【ツイート60】

     集中して壊れた時計に命を吹き込む祖父。そんな姿を見た孫は、「ぼくもそうなるんだ」と真似をした。

    「17歳」 浜村紗也果(大阪・帝塚山学院高3年)

    【ツイート60】

     学校の屋上で友人を撮影しました。普段の何気ないしぐさによって、友人の自然な笑顔を撮影できたのでお気に入りの1枚です。

    「appeal」 土山日菜恵(和歌山県立神島高2年)

    【ツイート60】

     その少女の目は何を訴えているのだろうか。

    「俺らの夏」(3枚組みの1枚) 島倉葵(和歌山県立神島高2年)

    【ツイート60】

     今年も夏がやってきた。Tシャツを脱ぎ捨てて飛び込む瞬間がたまらない。夏の日差しに照りつけられ、少年の心はいっそう高ぶる。

    「迷走」 藤原咲弥(広島県立庄原格致高1年)

    【ツイート60】

     ひとり一人違う未来、定まっていない道を行く、自分はこの写真からこれらを感じました。

    「17歳」 谷川美優(広島県立広島井口高2年)

    【ツイート60】

     明日へ向かおうとする彼女が目指す場所はどこなのか、それは誰にもわからない。私たちの未来の終着点はいったいどこなのか。

    「見・た・な」 石川大悟(愛媛・愛光高2年)

    【ツイート60】

     女の子は焼き芋に目がないですね。後輩の女子にカメラを向けると怖い顔をされました。勇気を持ってシャッターを切りました。

    「群青の友達」(3枚組みの1枚) 新本真子(山口県立下松高1年)

    【ツイート60】

     暑い夏の日、私は海に行った。そこで出会ったのは、はじけんばかりの笑顔の男の子だった。一人で遊んでいるようだったが、まるで海が友達であるかのようだった。

    「精根込めて」(3枚組みの1枚) 田中絢菜(山口県立下松高2年)

    【ツイート60】

     額ににじみ出た汗がぬらす。黙々と作業する船大工。視線はただ手元一点に集中していた。

    「合体」 井手駿(沖縄県立浦添工業高3年)

    【ツイート60】

     影を作っていると、人の顔を入れたら面白いと思い、その瞬間を撮りました。

     

    高校生部門こちら
    高校生部門 佳作作品こちら

    2018年02月05日 13時50分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP