マイベストフォト部門 第1期 優秀賞

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

「水族館でギョ!」

高橋可成さん(65) 神奈川県藤沢市


「風の子は翔る」

佐々木陽介さん(34) 東京都日野市

「北風小僧のいたずら」

小野早苗さん(39) 川崎市

「もっと回してー」

富井保光さん(66)長野市

「七五三」

石川寛次さん(79) 東京都世田谷区=東京YPC会員

「私が先に木にタッチ!」

鈴木真由美さん(45) 神奈川県伊勢原市

「執念の食い付き」

斎藤洋春さん(66) 宮城県柴田町

「二重ブロッケン!」

秋山真人さん(75) 愛媛県今治市=愛媛YPC会員

【選評】寒さ吹き飛ばす笑顔

 第1期は、寒風に負けない元気な子どもたちの笑顔がたくさん寄せられました。

 「水族館でギョ!」は、偶然のランデブー。虹色に染まる水槽のそばで、年末に勢ぞろいしたお孫さんたちの記念写真を撮ろうとしたところ、エイが飛び入り参加。一瞬のことで、子どもたちは後から知ったそうです。

 「風の子は翔る」は、正月の一コマ。雲間から差した光を背に舞うカラフルなたこ。空へといざなわれるかのように、女の子の足が地面から離れています。

 「北風小僧のいたずら」は、兄がまいた落ち葉が横からの風に吹かれました。もう一人誰かいたのかな?

 「もっと回してー」と、祭りの会場から子どもたちの歓声が聞こえてきそうです。ゲーム機では感じられない楽しさでしょう。

 「七五三」の女の子も元気いっぱい。晴れ着を手に追いかけるお父さんもうれしそうです。ほほえましい一枚となりました。

 「私が先に木にタッチ!」と、ライトに照らされた夜の斜面を登る姿は、表情が見えないだけに、どことなく物語の一場面のようです。

 水しぶきをあげ「執念の食い付き」を見せるのは、いつもは優雅そうなハクチョウ。生きる姿を写した一枚です。

 「二重ブロッケン!」は霧に浮かぶもう一人の自分との遭遇です。霧氷を撮りに行ったところ、現れました。

 第2期の締め切りは4月15日です。皆さんのベストショットをお待ちしています。

 (読売写真大賞事務局 小浜誓)

 よみうり写真大賞ホームページにも応募要項を掲載しています。

無断転載禁止
465548 0 よみうり写真大賞 2019/02/27 15:00:00 2019/02/27 16:10:36 2019/02/27 16:10:36 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/02/20190227-OYT8I50036-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ