マイベストフォト部門 第2期 優秀賞

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

「対決」

有田勉さん(77) 岩手県宮古市

「スミつけ祭りで幸付けて」(3枚組みの1枚)

秋篠重仁さん(59) 盛岡市

「我慢」

内藤文夫さん(71) 埼玉県北本市=埼玉YPC会員

「合格」

工藤省三郎さん(76) 山形県鶴岡市

「卒園しました。」

浅岡由次さん(73) 愛知県知立市

「空中レース」

久松茂さん(70) 栃木県栃木市

「桜吹雪」

中里麻衣子さん(40) 東京都稲城市

「パパは私の遊園地」

佐々木陽介さん(35) 東京都日野市

【選評】気合、涙 一瞬の表情

 今回は、満開の桜をいとおしむたくさんの作品が寄せられました。

 気合の入った表情で男性が「対決」するのは、たたきつけられた燃え木。真っ暗の中、ファインダーをのぞかずにタイミングを見計らい、焼き付くような祭りの一場面を収めることができました。

 「スミつけ祭りで幸付けて」と、こちらは笑顔を見せる女性たち。それぞれの頬に当てた手から、お互いを思うぬくもりを感じます。

 こちらはじっと「我慢」の表情。農作業のためのタンクでしょうか? まるで地中に埋もれ雪に耐える鉄仮面のようにも見えます。

 春は旅立ちの季節です。

 「合格」して頬を伝う涙は、それまでの努力の証しでしょう。ほっと胸をなで下ろした表情が浮かび上がっています。

 「卒園しました。」と、子供たちは新たな一歩を踏み出します。カラフルな風船はこれから空へと上って行きます。

 好天の下では「空中レース」が繰り広げられています。そのシルエットはまるで五線譜上にリズミカルに配置された音符のようです。

 地上では今年も桜が見事な開花を見せてくれました。

 一陣の風による「桜吹雪」にとっさに駆け寄る女の子。後ろ姿をいとおしく見守る撮影者の視線が感じられます。

 「パパは私の遊園地」とばかりに空中を舞う女の子も。桜と一緒に回った、この楽しい春の日の思い出は子供心に焼き付いたことでしょう。

 第3期の締め切りは7月15日です。新しい時代を迎え、心に残る作品をお待ちしています。

 (読売写真大賞事務局 小浜誓)

 よみうり写真大賞ホームページにも応募要項を掲載しています。

無断転載禁止
636045 0 よみうり写真大賞 2019/06/13 17:00:00 2019/06/13 17:11:55 2019/06/13 17:11:55 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/06/20190613-OYT8I50025-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ