総評 驚きを凝縮、巧み…立木義浩

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 令和の時代が幕を開けた今年は悲喜こもごもで、特に豪雨と台風が猛威をふるった。「ニュースフォト部門」大賞の現場となった屋久島は、倒木、決壊、土砂崩れの中、自衛隊に救出される登山者の色鮮やかな雨がっぱが目を引いた。自然災害の一方で、日本中が興奮し、熱狂したラグビーに関する写真も見たかった。

 「マイベストフォト」の作品は、自分の撮りたい写真にまっすぐに向かっているのがうれしい。それぞれのモチーフを丁寧に撮っていて、驚きと共に安定感がある。組み写真の両者とも地元の強みを3枚に表している。「電球カメラマン」のようなファンタジーの世界も楽しい。

 「中高生フォト」は一枚写真が3点、組み写真が5点上位入賞。一枚では表現出来ないテーマに正面からぶつかっている。一枚完成型の写真では新鮮な驚きを凝縮させて巧みである。「水雨」は逆光でカラフルな傘が水に映って、幻想的で美しく、水滴の輪が見事。

審査委員

立木義浩、安珠(以上写真家)、野口健(登山家)、西島太郎(読売新聞東京本社写真部長)、河村道浩(大阪本社写真部編集委員)、中島一尊(西部本社写真部長)

3会場で発表展 富士フイルムフォトサロン

【東京】2020年3月6日(金)~12日(木) 東京都港区赤坂9の7の3フジフイルムスクエア(電)03・6271・3351

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、フジフイルムスクエアが臨時休館の措置を決めたため、当面延期します

【大阪】3月27日(金)~4月2日(木) 大阪市中央区本町2の5の7メットライフ本町スクエア1F(電)06・6205・8000

※会場の富士フイルムフォトサロン大阪が臨時休館の措置を決めたため、開催を中止します。

【福岡】5月29日(金)~6月3日(水) 福岡市博多区住吉3の1の1富士フイルム福岡ビル1F(電)092・510・4800

無断転載禁止
944791 0 よみうり写真大賞 2019/12/11 12:14:00 2020/03/13 13:59:34 2020/03/13 13:59:34 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/12/20191210-OYT8I50031-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ