中高生フォト部門 

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

※「ツイート60」は、撮影者が60文字程度で記した作品への思いやメッセージです。

【大賞】「水雨」

鈴木隆司(17)大阪府立生野高2年

「ツイート60」
 いつものキミと違った、虹のような笑顔なのに、どこか暗い。僕はキミとは生きられない。一生ここから眺めるだけ。
 今度はキミによりそいたい。

【1席】「視線」

高木玲奈(16)青森県立弘前南高1年

「ツイート60」
 3人も人がいるのに誰もカメラを見てくれませんでした。1時間待ってくれてありがとう。

(ひそ) かな仲らい」

平井康生(18)奈良県立王寺工業高3年

「ツイート60」
 友情?愛情?いちいち定義づけたり境界線を設けたり、どうして人は型にはめたり、説明をしようとしたりするのですか?

「懸命」

中井千尋(17)和歌山県立神島高2年

「ツイート60」
 油や鉄のさびついたにおいが工場内にただよう。そこには、試行錯誤し部品を必死に外そうとする姿があった。
 彼は部品を外すことはできたのだろうか。

【2席】「優しさに包まれて」

金子空之新(17)愛媛県立今治北高大三島分校2年

「ツイート60」
 島の数少ない子どもたちを温かく見守るおばあちゃん。島での生活の幸せがここに凝縮しているように感じた。

「搾取」(3枚組みの1枚)

山本修平(15)奈良県立王寺工業高1年

「ツイート60」
 籠に(とら)われた鶏たち。その鶏たちが身を削り産む卵。そしてそれを残らず採取する人間。鶏たちは我が卵の行方を知っているのだろうか。

花症候群(フラワー・シンドローム) 」(3枚組みの1枚)

大中陽(18)香川県立坂出商業高3年

「ツイート60」
 恋によって患う病に侵され、恋の苦しさつらさを誰にも見られないように、静かな憎しみを持っている様を表現しました。

「たった一人の卒業式」(3枚組みの1枚)

村上和凪(17)愛媛県立今治北高大三島分校3年

「ツイート60」
 今年、岡村小学校唯一の児童が卒業を迎えた。私も来春高校を卒業し島を離れることが決まっている。衰えゆく島のために私は何ができるのだろう……。

◆入選 稲毛陸(山形)北川琴子(埼玉)中島真秀(東京)二木愛海(同)大塚日陽(静岡)西山幸歩(愛知)太田愛有未(福井)藤本美亜(京都)増本かのん(大阪)宝槌ちひろ(和歌山)森本健大(鳥取)吉川結貴(広島)早田莉亜(同)梅田彩音(同)清水咲良(香川)山根はな(山口)浅田純菜(同)松永夏奈(熊本)植田英愛(同)嶽本ありさ(同)

◆佳作 加藤萌(青森)太田朋花(同)小田島理月(岩手)佐藤知佳(新潟)鈴木乙葉(同)杉浦早耶(愛知)沢木敦司(岐阜)向當和莉(福井)半野こすも(大阪)堀元リズム(同)吉川友萌(兵庫)田中柚木乃(島根)柴崎心(広島)高畠緋織(徳島)三好真衣(香川)秋山遥香(山口)新川響(熊本)宇栄原香花(沖縄)下地絵里(同)堀田愛里(同)

10代の揺れる心映す 【選評】 安珠

 思春期ならではの孤独感と、他者に近付きたい気持ちの間で揺れるのが10代。それぞれの感情が写真に露見した秀作が並び、「順位がつけられない!」と思わず口をついて出るほど難しかったが、とても楽しい選考会だった。

 大賞の「水雨」は、暗い世界に差し込んだ光や色を感じる一枚。水たまりに映った幻想的な情景に、揺れる心を示したツイートが寄り添い、多感な年頃の内面を表しているようだった。

 1席は3作品。「懸命」は工場で働く男性を捉えた力強さとリズムを感じる3枚組み。鏡に映したような2人の少女が共鳴し合う「密かな仲らい」は、心に境界線を引くことへの疑問が表現を支えている。大きな瞳を投影したブラインドから、3人の視線が別々の方を向く「視線」。豊かな発想力が際立っていた。

 2席の「搾取」は、人を支える命に焦点を合わせ、主張を強く出した。「花症候群」には、海の底に咲く花のような描写が、心の内側に芽生えた恋への情熱を思わせた。「優しさに包まれて」は、穏やかな日常を自然に撮っている姿に好感が持てる。最後に「たった一人の卒業式」。被写体への距離感が絶妙で、撮り手の愛情を感じる。卒業をたたえる、独りきりの緊張感、背後からの花道と、3枚の構成も素晴らしい。

無断転載禁止
944821 0 よみうり写真大賞 2019/12/11 12:20:00 2019/12/11 12:20:00 2019/12/11 12:20:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/12/20191210-OYT8I50038-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ