マイベストフォト部門 第1期 優秀賞

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

「87歳の冬」

富井保光さん(67) 長野市

「土俵際の粘り」

樋口琢哉さん(35) 山口市

「1本抜けました」

馬場このみさん(35) 埼玉県上尾市

「私が守る」

藤森保男さん(73) 岡山市

「のび~るおもち!」

阪上紗菜さん(19) 大阪府吹田市

「競煙」

高木初枝さん(73) 栃木県小山市=小山YPC会員

「興味津々」

鈴木文代さん(66) 和歌山県串本町

「二人の紅葉狩り」

河野よし子さん(58) 大分県臼杵市

【選評】笑顔の魔法心 ポカポカ

 「87歳の冬」は、その笑顔が魅力的な作品です。見る者の心を芯から温め、降る雪をも解かしてしまうようです。

 見事な「土俵際の粘り」を見せてくれる男の子。拍手とともに、「がんばれ!」と声援が聞こえてきそうです。粘っていきましょう!

 粘りを見せる「のび~るおもち!」。見上げた女の子の表情から、その驚きが伝わってきます。

 こちらの女の子は「私が守る」と、両手を広げて大笑い。男の子たちの表情とは対照的で、ほほえましい作品です。

 「1本抜けました」は、ぐらぐらしていた前歯がなくなり、すっきりしての笑顔だそうです。お子さんの貴重な成長の記録です。

 女の子が「興味津々」にのぞき込むのは、写真撮影用の機材。その中に入れられた一輪の花は万華鏡のように、撮影者のアイデアとともに花開いています。

 「競煙」は、イベントで配るための焼き芋。前日から夜通し上がり続ける煙に、秋の月も曇りがちです。

 「二人の紅葉狩り」は、薄暮に浮かび上がり始めた紅葉を楽しむご両親。後ろ姿をそっと見つめる優しい視線が感じられます。

  (読売写真大賞事務局 小浜誓)

第2期作品募集中 

締め切りは4月15日です、皆さんのベストショットをお待ちしています。

第41回発表展を延期

 新型コロナウイルス感染拡大防止で延期した「第41回よみうり写真大賞入賞作品発表展」を8月7日から13日に開催する予定です。会場は「富士フイルムフォトサロン」(東京都港区赤坂9の7の3)。今後の状況次第で、再度の変更もあり得ることをあらかじめご了承ください。

 3月27日から4月2日まで大阪市内で開催される予定だった「第41回よみうり写真大賞入賞作品発表展」は、開催を中止します。会場の富士フイルムフォトサロン大阪(大阪市中央区)が臨時休館の措置を決めました。

 5月29日から6月3日まで福岡市内で開催される予定だった「第41回よみうり写真大賞入賞作品発表展」は開催を中止します。会場の富士フイルムフォトサロン福岡(福岡市博多区)が臨時休館の措置を決めました。

 よみうり写真大賞ホームページにも応募要項を掲載しています。

無断転載・複製を禁じます
1083969 0 よみうり写真大賞 2020/03/03 11:00:00 2020/06/13 11:38:42 2020/06/13 11:38:42 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/03/20200303-OYT8I50007-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ