マイベストフォト部門 第3期 優秀賞

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

「コーチはパパ」

中村裕隆さん(77) 千葉県茂原市=千葉YPC会員

「宙に舞う」

富窪保子さん(71) 鹿児島市=鹿児島YPC会員

「星空の夢を見る」(3枚組みの1枚)

佐々木陽介さん(36) 東京都日野市

「反則!」

中西裕子さん(42) 滋賀県日野町

「宇宙戦艦アメンボ」

杵鞭範雄さん(69) 新潟市=新潟YPC会員

「生きる」(3枚組みの1枚)

石田めぐみさん(39) 北海道北広島市

「イヤイヤ期の朝」

小野早苗さん(41) 川崎市

「趣味の時間」

富井保光さん(68) 長野市

【選評】胸打たれる 成長の瞬間

 日々生まれる出会いやドラマを切り取った作品からは、カメラを持つ人の喜びや感動も伝わります。今期も力強い作品が寄せられました。

 波に乗る少年の、前を見つめる表情と父親の指を握ったままの手が写し取られた「コーチはパパ」。大きな成長の瞬間を感じ、胸を打たれます。

 巣立ったばかりのエゾフクロウが地面に落ちた後、懸命に木を登る様子をとらえた「生きる」。羽にかかる枝が、生き抜くことの厳しさを物語るようです。

 登園前の長女が部屋の隅から送る視線が印象的な「イヤイヤ期の朝」。小野さん自身も出勤前でしたが、娘の気持ちをカメラで受け止めました。

 「反則!」はまるで激しい接戦。札を奪う猫の動き、驚く女の子たちそれぞれの表情が豊かです。

 一方「趣味の時間」は、農作業の合間の穏やかなひとときです。きれいに敷かれた赤い布が、品のある空間を引き立てています。

 新体操の跳躍を練習する青年に夕日があたり、ドラマチックな「宙に舞う」。富窪さんがよく行く海岸で、一度きりの出会いだったそうです。

 すぐにタイトルがひらめいたという「宇宙戦艦アメンボ」は、レンズにクロスフィルターを着けての撮影。宇宙船のように輝くアメンボに加え、ちりの反射も星くずのようで、どこまでも続く宇宙に見えてきます。

 「星空の夢を見る」では、家族で手作りしたプラネタリウムが、娘たちの眠った後も部屋を輝かせています。梅雨明け後には、本当の星空を見に出かけたそうです。

 第4期の締め切りは10月15日。多くの祭りやイベントなどが中止となった今夏ですが、会心の一枚をお待ちしています。

 (読売写真大賞事務局 吉川綾美)

第4期作品募集中
 10月15日締め切り 応募フォームはこちら

無断転載・複製を禁じます
1481233 0 よみうり写真大賞 2020/09/16 11:45:00 2020/09/16 14:01:52 2020/09/16 14:01:52 第42回よみうり写真大賞・マイベストフォト部門・第3期・優秀賞「コーチはパパ」中村裕隆さん 77 千葉県茂原市=千葉YPC会員 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/09/20200915-OYT8I50054-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ