読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

よみうり写真大賞 プロ・アマ問わず、写真を愛する全国の皆さんに参加していただくコンテストです。

総評 努力光る 計画的撮影…立木義浩

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 コロナ禍の状況下だからこそというか、出会った事柄より情報に基づいて計画実行した2作品が「ニュースフォト部門」の上位に決まった。「『こうのとり』有終の光跡」は、光跡が水面で揺れている面白さと、開聞岳が北斎の描く富士に見え、象徴的である。「都心を低空飛行」は飛行経路や高度を 緻密(ちみつ) に調査し、知られた建造物を前景にした努力は絶賛されてよい。

 「マイベストフォト部門」3点は人物のいる写真で、もう1点も木を擬人化した写真に決まった。「今年の花見」と「87歳の冬」も被写体との関係性が濃く、温かい。

 「中高生フォト部門」は上位入賞した8人のうち、女子が6人でした。3枚組みの写真が4点、単写真が4点という具合です。大賞のタイトルは「痛み」。傷つきやすい青春。トゲ、トゲ、トゲと続く。写真は暗いが悪くない。中学生の3枚組み、めっぽう明るいパステル調の自粛姿。そして、「私は、少しむなしく、陽気で……」とおっしゃる。色んな写真に出会えた。

◆審査委員
 立木義浩、安珠(以上写真家)、野口健(登山家)、西島太郎(読売新聞東京本社写真部長)、古沢要(大阪本社写真部長)、中島一尊(西部本社写真部長)

◆入賞作品発表展 富士フイルムフォトサロン
 【東京】2021年3月5日(金)~11日(木)東京都港区赤坂9の7の3フジフイルムスクエア(電)03・6271・3351

 【大阪】3月19日(金)~25日(木) 大阪市中央区本町2の5の7メットライフ本町スクエア1F(電)06・6205・8000

 ※今後の状況次第で、変更もあり得ることをあらかじめご了承ください。

無断転載・複製を禁じます
1735082 0 よみうり写真大賞 2020/12/28 10:13:00 2020/12/28 10:13:00 2020/12/28 10:13:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/12/20201224-OYT8I50075-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)