読売新聞オンライン

メニュー

よみうり写真大賞 プロ・アマ問わず、写真を愛する全国の皆さんに参加していただくコンテストです。

マイベストフォト部門 第2期 優秀賞

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

「学校でもヨロシクね」

後藤有季さん(35) 熊本県八代市

 

「夜明け」

神山義朗さん(70) 栃木県鹿沼市

 

「花園」

上田英士さん(77) 北九州市

 

「散りゆくは君の笑顔に出会うため」

斎藤裕嗣さん(38) 茨城県日立市

 

「196日ぶりの面会」

敦賀和彦さん(55) 神戸市

 

「すくすく育て」

山内綾香さん(33) 埼玉県吉川市

 

「仲良し兄弟」

松下紀和さん(78) 兵庫県高砂市

 

「桜散る」

兼井国光さん(71) 愛媛県今治市

 

選評 ピカピカ笑顔 咲いた

 「学校でもヨロシクね」と、大好きな兄に頬を寄せる新1年生の弟。輝くような笑顔が並び、春の日のほほ笑ましい作品となりました。

 大切な家族との「196日ぶりの面会」。お互いを思いやる気持ちが、ガラス越しの2人の表情から伝わってきます。

 「すくすく育て」とばかりに高く掲げられた男の子は「お魚がいっぱい空を泳いでる!」とご覧の笑顔です。

 雨上がりの河川敷で兄が弟の手を取る「仲良し兄弟」。夕日が橋梁を赤く染め、郷愁に駆られます。

 朝もやが立ちこめるドラマチックな「夜明け」。その中に人を待ちつつも、愛犬は朝日をじっと見つめるのが好きとのことです。

 「花園」で、くわえた花が勢い余って額の上に。その驚いたような表情がかわいらしい1枚です。

 「散りゆくは君の笑顔に出会うため」と、花びらは暖かい風に乗り、男の子の開かれた手の中へ。

 「桜散る」季節の天候の急変は、車のフロントガラスに花びらと雨滴のきれいな模様を残してくれました。

 第3期の締め切りは7月15日です。皆様の心に残った作品をお待ちしています。

 (読売写真大賞事務局 小浜誓)

無断転載・複製を禁じます
2132816 0 よみうり写真大賞 2021/06/18 05:00:00 2021/06/18 10:33:36 2021/06/18 10:33:36 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210617-OYT8I50029-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)