第43回よみうり写真大賞(主催・読売新聞社、協力・キヤノンマーケティングジャパン株式会社)のニュースフォト、マイベストフォト、中高生フォトの3部門の受賞作が決まりました。新型コロナウイルスの感染拡大を防止する観点から表彰式は中止となりましたが、上位の各受賞作品について審査委員からの講評をご紹介します。

  • ニュース
    フォト部門
  • マイベスト
    フォト部門
  • 中高生
    フォト部門
大賞
阿蘇山の中岳から上がる噴煙
大賞

阿蘇山の中岳から上がる噴煙

大島健

1席
  • 見上げれば笑顔

    見上げれば笑顔

    岡安栄一
    栃木YPC

    見上げれば笑顔

    岡安栄一
    栃木YPC

    審査委員コメント

    外出もままならない日常に突然現れた笑顔の飛行機雲は、人々の心を温めたに違いない。この雲も消え去る美学があるので、青空を見上げながら来し方行く末を思ったりする。(立木)

  • 土石流、熱海市を襲う

    土石流、熱海市を襲う

    前田千尋

    土石流、熱海市を襲う

    前田千尋

    審査委員コメント

    写真や動画が耳からの情報(ゴーという音は一瞬大きくはげしく鳴りひびく、重く低い音)で撮られたのは危機察知能力です。いわゆる虫の知らせと言う奴ですね。よくぞ撮ってくれました。天晴れ。(立木)

2席
  • オリンピック開会式の夜空

    オリンピック開会式の夜空

    堂本英樹

    オリンピック開会式の夜空

    堂本英樹

    審査委員コメント

    報道ヘリなどの光跡が魅力的。ものすごく多く飛んでいたことがわかる。東京五輪が行われて、初めて撮れる写真だ。(野口)

  • 夏の風物詩「干しダコづくり」

    夏の風物詩「干しダコづくり」

    清末和憲

    夏の風物詩「干しダコづくり」

    清末和憲

    審査委員コメント

    干しダコの景色は実にユーモラスで写真好きの人々には格好のモチーフらしく人気の風物詩である。干す前に足をあぶる姿は初めて見ますが、ひょっとすると秘法でしょうか。(立木)

  • サンゴ産卵海中染める

    サンゴ産卵海中染める

    興克樹

    サンゴ産卵海中染める

    興克樹

    審査委員コメント

    オニヒトデの食害などで一度は壊滅的な被害を受けたサンゴ。地元の海を愛した作者が“再生”を見届けた末に撮影した産卵シーンに、素晴らしい物語が潜んでいる。(安珠)

入選 入選
  • 「宇宙のまちの皆既月食」小檜山裕行(宮城YPC)/
  • 「鹿島港で船衝突」康昇哲 /
  • 「開催祝うカラースモーク」細田邦昭(東京YPC)/
  • 「高尾山から眺めた秋分の日の月」村山孝一 /
  • 「車両から緊急避難」木村俊介 /
  • 「大雪で北陸道立ち往生」北川夏奈 /
  • 「びわこのジュエリーアイス」臼井充子 /
  • 「コンテナ船大量荷崩れ」関伸子(神戸YPC)/
  • 「おとぎ話へいざなう光」野口務(高知YPC)/
  • 「昼下がりにツシマヤマネコ」杉原時子 /
佳作 佳作
  • 「夕空鮮やか、二重の虹」芦沢晋(小山YPC)/
  • 「渡良瀬遊水地火災」久松茂 /
  • 「ナイアガラの滝出現」金井光寿(群馬YPC)/
  • 「月と木星、土星が接近」島田穣 /
  • 「地上から宇宙ステーションくっきり」坂井美晃 /
  • 「凍りついた奥日光の『庵滝』」糸賀一典 /
  • 「月への道」中辻博尊 /
  • 「義経ゆかりの満福寺で出火」日暮正臣 /
  • 「励ましに、ありがとう」古谷陽一 /
  • 「我が町のコロナワクチン接種」武山冨久夫 /
  • 「阿蘇山噴火の瞬間」野村剛史 /
  • 「立ち往生で食料分け合い」高尾茜利 /
  • 「解体」藤井徹也 /
  • 「光る毒キノコ、ツキヨタケ」栗田光雄 /
  • 「夜空に輝く光柱」飯田高治 /
  • 「目出鯛(めでたい)」鈴木文代 /
  • 「大雨で土砂崩れ」堀田賢史 /
  • 「巨大サボテン今昔」落窪安士 /
  • 「野口さんを乗せたISSの光跡」西井上剛資 /
  • 「桜島上空に大火球」藤本和子 /
大賞
196日ぶりの面会
大賞

196日ぶりの面会

敦賀和彦

審査委員特別賞
  • 雨上がり

    雨上がり

    下山田昌子

  • 伸びる

    伸びる

    高橋可成

  • 哀愁の漁港

    哀愁の漁港

    山西典夫

大賞
雨の日
雨の日
雨の日
大賞

雨の日

森ひかる

熊本・八代白百合学園高

ツイート60

雨の日の放課後。聞こえてくるのは、雨1粒1粒の音。

1席
  • 8月16日
    8月16日
    8月16日

    8月16日

    小川結衣
    和歌山県立神島高

    ツイート60

    潮風の湿った冷風は半袖の私をなめ回すように森を揺らす。ゆらりとうねった白い胴体は、自由の象徴かのように前を横切った。

  • 永劫回帰
    永劫回帰
    永劫回帰

    永劫回帰

    吉川桜優
    山口県立下松高

    ツイート60

    小さい体に宿る新たな命。新たな命は大きくて、人は一人一人違うけれど、強く強く生きてゆく。それは不変のものだろう。

  • 時のはざま
    時のはざま
    時のはざま

    時のはざま

    中司優希
    福岡雙葉中

    ツイート60

    流れゆく時に現れて、去っていくものたち。聞こえてくるささやき声に耳をすます。私はそれをそっと宝箱にしまった。

2席
  • 音が流れる

    音が流れる

    雅楽川こころ
    新潟・中越高

    ツイート60

    トランペットから出ている水が、まるで奏でた音が形となったように見えたのを面白いと思いました。

  • 記憶

    記憶

    浜口未来
    愛知県立小牧南高

    ツイート60

    その場所であった楽しかった出来事を思い出しているイメージで撮影しました。廊下の奥に人が居る所にも注目して貰いたいです。

  • 喜び楽しみそして怒り
    喜び楽しみそして怒り
    喜び楽しみそして怒り

    喜び楽しみそして怒り

    高島和也
    大阪府立成城高

    ツイート60

    普段生きている中で、持つ感情。喜ぶオレンジ、楽しむオレンジ、怒るオレンジ。世の中には様々なオレンジがいる。

  • 私のあそび場

    私のあそび場

    小林沙樹
    沖縄県立沖縄工業高

    ツイート60

    この女の子は家の中をどこでもあそび場にしていて、やんちゃで可愛いなぁと思いました。

入選 入選

※作品をクリックすると画像が拡大表示されます

  • 平常心

    平常心

    黒滝凜 青森県立弘前南高

  • 秋晴れ

    秋晴れ

    渋谷淑江 青森県立弘前南高

  • レンズの中に

    レンズの中に

    加藤亮太 宮城県白石工業高

  • もう1つの世界へ

    もう1つの世界へ

    小野塚冬真 群馬県立前橋工業高

  • 自分らしく

    自分らしく

    高橋実玖 独協埼玉高

  • 体験

    体験

    佐藤千花 新潟県立長岡農業高

  • After returning home

    After returning home

    玉村心優 福井県立丹生高

  • 閉塞感

    閉塞感

    岡本菜々薫 大阪府立成城高

  • あんよ あんよ

    あんよ あんよ

    美谷島舞桜 大阪府立成城高

  • おじいちゃんが帰ってきた日

    おじいちゃんが帰ってきた日

    稲田莉子 和歌山県立神島高

  • 私の妹、モデル志望

    私の妹、モデル志望

    坂本なつみ 和歌山市立東和中

  • 14歳の瞳

    14歳の瞳

    藤原香織 島根・出雲北陵高

  • 放課後の幸せ

    放課後の幸せ

    上木桃花 広島県立海田高

  • 良き自然

    良き自然

    久保田樹 香川県立坂出商業高

  • 風のイタズラ

    風のイタズラ

    清水優心 山口県立下松高

  • さがしもの

    さがしもの

    西村七海 山口県立下松高

  • 放課後

    放課後

    山田百音 熊本・八代白百合学園高

  • 静かな時間

    静かな時間

    内田莉奈 熊本・八代白百合学園高

  • 私の町

    私の町

    片山実咲 熊本・八代白百合学園高

  • 倦怠

    倦怠

    城間風花 沖縄県立知念高

佳作 佳作
  • 「見据える先に」斎藤尚徳 岩手県立黒沢尻北高 /
  • 「Blue summer」佐藤弓月 群馬県立前橋工業高 /
  • 「小さな幸せ」羽鳥帆南美 群馬県立前橋工業高 /
  • 「ふるさと」恩田紗希 東京農大一高中等部 /
  • 「春の花」石崎汐音 新潟・中越高 /
  • 「12歳」室谷理沙子 静岡県立磐田南高 /
  • 「私の好きな世界観」鬼塚莉帆 愛知・光ヶ丘女子高 /
  • 「迫る」小角香穂 愛知県立小牧南高 /
  • 「花の檻」水本一花 大阪・帝塚山学院高 /
  • 「いつも」白石琴乃 大阪府立生野高 /
  • 「悩みごと」斎藤温菜 兵庫・雲雀丘学園高 /
  • 「太始」越本悠里 和歌山県立神島高 /
  • 「訴えと願い」竹内友香 広島県立海田高 /
  • 「縮こまる背中」筒井柚良 広島県立海田高 /
  • 「栄冠は君に輝く」鈴木莉乃 愛媛県立今治西高 /
  • 「残暑」古閑晴菜 熊本・八代白百合学園高 /
  • 「消えた笑い声」山口恵美 熊本県立御船高 /
  • 「魂」尾崎羽音 熊本・八代白百合学園高 /
  • 「夏の思い出」浜田夏姫 熊本・八代白百合学園高 /
  • 「土曜のひととき」本村海月 沖縄県立知念高 /

年間審査の様子

多くの作品応募ありがとうございました

読売新聞オンラインへ戻る