ふんばれ 地域の足

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 北海道夕張市にある夕鉄バスの駐車場に、バス停留所の表示板が10本以上も置かれたままになっていた。昨年10月に2路線を廃止し、撤去したものだ。

駐車場の片隅にひっそりと置かれたバス停留所の表示板。状態の良い物は再利用するため保存しているという(北海道夕張市で)
駐車場の片隅にひっそりと置かれたバス停留所の表示板。状態の良い物は再利用するため保存しているという(北海道夕張市で)

 「利用者減もあるが、運転手のやりくりがつかなかった」。同社夕張営業所の原田昭裕所長(58)は説明した。同営業所の運転手は20年前は33人。現在13人で、平均年齢は58歳だ。

 来年4月、JR石勝線夕張支線が廃止される。廃止ルートは夕鉄バスのルート変更でまかなわれる計画だ。ハンドルも握る原田さんは、「地元を支えたい一心で踏ん張っている。顔なじみのおばあちゃんに会うと、今日もがんばろう、という気持ちになれる」と語った。

 地方を中心にバスの運転手不足は深刻だ。国土交通省が2016年、全国350のバス会社を対象に実施したアンケートによると、約81%が運転手不足とし、うち約17%は減便や路線の休廃止などを検討せざるを得ないと回答した。

 各バス会社も対策に取り組む。山形県鶴岡市に昨年春、地元のバス会社7社と2自治体が出資した職業訓練校が設立された。大型2種免許取得者を対象に、路線バスの運転技術や知識を教える。小林薫校長(62)は「小中学校の統廃合で送迎バス需要があり、観光客も増えている。地元に根付く運転手を育てたい」と話した。

 遠州鉄道(浜松市)は14年から女性運転手の積極採用を始めた。今は約600人の運転手のうち、女性が30人になった。国交省によると、バス運転手の女性比率は1・7%(16年度)だ。

 1歳の息子を保育園に迎えに来た同社運転手の深田こずえさん(36)は「育児しながらは大変だが、この子の遠足で運転手として乗務するのが夢です」と笑った。

(写真と文 菅野靖)

(5月19日から6月14日に撮影)

職業訓練校の実車教習。教官(左)の指導の下、狭い山道を教習生が慎重に運転していた(山形県鶴岡市で)
職業訓練校の実車教習。教官(左)の指導の下、狭い山道を教習生が慎重に運転していた(山形県鶴岡市で)

始業点検をする教習生(手前)。基本的な運転技術や知識を8日間計36時間かけて学ぶ
始業点検をする教習生(手前)。基本的な運転技術や知識を8日間計36時間かけて学ぶ

全国のバス会社70社が参加した運転手専門の就職説明会。知名度や好待遇を背景に都市部の会社に人気が集まり、地方の会社は苦戦していた(東京都新宿区で)
全国のバス会社70社が参加した運転手専門の就職説明会。知名度や好待遇を背景に都市部の会社に人気が集まり、地方の会社は苦戦していた(東京都新宿区で)

無断転載禁止
27330 0 ズームアップ 2018/06/25 15:05:00 2019/01/16 11:30:53 2019/01/16 11:30:53 車庫の片隅にひっそりと置かれたバス停留所の表示板(北海道夕張市で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20180625-OYT8I50020-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ