それでも 笑顔の担い手

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 歯の治療で使う、入れ歯や差し歯、かぶせ物などを作る歯科技工士。その将来の担い手が激減しそうだ。国家資格が必要な仕事だが、技工士を目指す専門学校などの入学者数は2000年度の2922人から、18年度は991人と約3分の1に減った(全国歯科技工士教育協議会調べ)。

以前はにぎやかだった教室も、この春に卒業を控えた学生が残るだけ。思い出が詰まった校舎は、4月以降に解体される(1月29日、滋賀県草津市の「滋賀県歯科技工士専門学校」で)
以前はにぎやかだった教室も、この春に卒業を控えた学生が残るだけ。思い出が詰まった校舎は、4月以降に解体される(1月29日、滋賀県草津市の「滋賀県歯科技工士専門学校」で)

 滋賀県草津市の「滋賀県歯科技工士専門学校」は来月7日、49年の歴史に幕を下ろす。入学志望者の減少が理由だ。2年制の「本科」で学ぶのは、卒業を控えた2年生5人だけになった。「閉校は断腸の思い。残念至極の一語です」。山本哲典校長(69)が語る。

 東京、長崎の2校も3月に閉校、岩手と北海道の2校は新規の学生募集をやめた。

 なぜ歯科技工士を目指す若者が減ったのか。仕事自体があまり知られていないこと、技術の進歩で職業の将来像が描きにくくなっていることなどの理由が考えられる。

 確かに、歯科技工の世界は過渡期にある。歯科技工所「コアデンタルラボ横浜」のくが誠社長(61)は最近、中国・深センの巨大な「歯科技工工場」を視察した。主に米国、カナダ向けの仕事を請け負い、900人の従業員が、最新のデジタル機器で、1日1600本余りの歯科技工物を仕上げると聞いて、驚いたという。

 だが、東京医科歯科大学の鈴木哲也教授(64)はこう強調する。「機械化などが進み、技工士がいらなくなると思われているが、それは違う。患者さんに満足してもらうには、最後は人間の繊細な技が必要だ」

 横浜市で歯科技工所を営む傳寳弥里でんぼうみさとさん(47)は、「ものづくりが好きな人にとって、歯科技工士は天職と思う。技術を磨けば一生働ける」とやりがいを語る。

 「笑顔の向こうに」と題した邦画が最近公開された。歯科技工士が主人公の青春ドラマだ。製作総指揮を務めた日本歯科医師会の瀬古口精良あきよし常務理事(56)は、「歯科医療の将来を考えて作った。映画を通じて、技工士の仕事ぶりを若者に知ってもらいたい」と話した。 (写真と文 菅野靖)

歯型を3Dスキャナーで読み込み、パソコンで調整する歯科技工士の村田秀夫さん。個人技工所の作業でもデジタル化は進んでいる(8日、東京都北区で)
歯型を3Dスキャナーで読み込み、パソコンで調整する歯科技工士の村田秀夫さん。個人技工所の作業でもデジタル化は進んでいる(8日、東京都北区で)

村田さんは「仕上げの手作業で歯に命を吹き込む技工士の存在を、患者さんたちにも知ってほしい」と思いを込める(8日、東京都北区で)
村田さんは「仕上げの手作業で歯に命を吹き込む技工士の存在を、患者さんたちにも知ってほしい」と思いを込める(8日、東京都北区で)

職業体験で歯科技工所を訪れた中学生(右の2人)。技工士の指導で歯科材料を使いキーホルダー作りをした(5日、横浜市港南区の「コアデンタルラボ横浜」で)
職業体験で歯科技工所を訪れた中学生(右の2人)。技工士の指導で歯科材料を使いキーホルダー作りをした(5日、横浜市港南区の「コアデンタルラボ横浜」で)

必要な機械や材料、専門書などに囲まれた自分の技工所で作業する歯科技工士の傳寳さん(1月30日、横浜市港北区で)
必要な機械や材料、専門書などに囲まれた自分の技工所で作業する歯科技工士の傳寳さん(1月30日、横浜市港北区で)

460975 0 ズームアップ 2019/02/25 15:00:00 2019/02/25 15:05:47 2019/02/25 15:05:47 エトキ別送り https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/02/20190225-OYT8I50032-T.jpg?type=thumbnail

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ