中村哲さんの志 根づく

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 重い荷を肩に担ぎ、険しい道を一歩ずつ進む――。「本物のヒーローだよ」。佐賀県多久市の自営業ルジー・ハーンさん(46)が写真を指すと、子どもたちの瞳が輝いた。

中村さんの写真や絵を会社事務所に飾るルジー・ハーンさん(左端)は、子どもたちに、中村さんの功績を伝えている(昨年12月27日、佐賀県多久市で)
中村さんの写真や絵を会社事務所に飾るルジー・ハーンさん(左端)は、子どもたちに、中村さんの功績を伝えている(昨年12月27日、佐賀県多久市で)

 写真の人物は、昨年アフガニスタンで銃撃を受けて亡くなった民間活動団体(NGO)「ペシャワール会」現地代表で医師の中村哲さん(当時73歳)。同国東部ナンガルハル州出身のハーンさんは、会社事務所に中村さんの写真を飾っている。

 約15年前に来日。帰郷した際、干ばつで、無人の荒野となった地に中村さんらが用水路を建設する様子を目にした。今の故郷には水が潤い、小麦畑が広がる。川や公園で、家族と憩う人の姿も見られるようになった。「地元の声を聞き、心を通わせて尽くしてくれた」

 静岡県島田市の医師レシャード・カレッドさん(69)は2014年、ナンガルハル州を訪れ、農園の豊かな緑を見て驚いた。「ここに九州を作ったの?」と中村さんに尋ねると、「できるんだよ。アフガニスタンの地も捨てたもんじゃないだろう」と笑った。

 レシャードさんは、NPO法人「カレーズの会」(静岡市)を設立し、南部カンダハル州に診療所を開いて難民や子どもに無償で医療支援を行ってきた。「中村さんの遺志を継ぐためにも暴力には屈しない」と、銃撃事件後も治安が悪化した現地を訪れ、学校に保健室を設ける計画を進めている。

 国際協力機構(JICA)長期研修員で、今年3月末に帰国予定の九州工業大大学院生アシフ・ミルダッドさん(37)は、18年に広島県東広島市で開催された平和や復興を考える研修会で、中村さんの講義を受けた。

 帰国後は大学で専門の化学を教える。「食品や医薬品を開発して、農業や医療を支えたい。国を豊かにするのに武器はいらないと中村さんに教わった」

 中村さんの活動は、アフガニスタンの大地と人々の心に種をまいた。(写真と文 貞末ヒトミ)

NPO法人「カレーズの会」理事長で、医師のレシャード・カレッドさん。活動報告会では、スクリーンに映し出される故郷の写真をじっと見つめた。「暴力には屈しない。そこに生きようとする人たちがいるのだから」(1月19日、静岡市で)
NPO法人「カレーズの会」理事長で、医師のレシャード・カレッドさん。活動報告会では、スクリーンに映し出される故郷の写真をじっと見つめた。「暴力には屈しない。そこに生きようとする人たちがいるのだから」(1月19日、静岡市で)

「中村医師はなぜ本当のヒーローと言われるのか」。アシフ・ミルダッドさんは、アフガニスタン人との絆の深さを、現地の記事や写真を調べてまとめた。自分なりの答えは「まっすぐな心で人々に接したから」(1月21日、福岡県飯塚市で)
「中村医師はなぜ本当のヒーローと言われるのか」。アシフ・ミルダッドさんは、アフガニスタン人との絆の深さを、現地の記事や写真を調べてまとめた。自分なりの答えは「まっすぐな心で人々に接したから」(1月21日、福岡県飯塚市で)

アフガニスタンのNGO「ガフワラ」は、中村さんにまつわる絵本を今年4月に出版する。公用語のダリ語とパシュトゥン語で計2500部を国内の学校や幼稚園に無償で配布する予定だ。デザインした絵には、公園に集まった子どもたちを両手を広げて包み込む中村さんの姿が描かれていた(1月21日、福岡県飯塚市で)
アフガニスタンのNGO「ガフワラ」は、中村さんにまつわる絵本を今年4月に出版する。公用語のダリ語とパシュトゥン語で計2500部を国内の学校や幼稚園に無償で配布する予定だ。デザインした絵には、公園に集まった子どもたちを両手を広げて包み込む中村さんの姿が描かれていた(1月21日、福岡県飯塚市で)
無断転載・複製を禁じます
1034577 0 ズームアップ 2020/02/03 15:00:00 2020/02/21 15:29:28 2020/02/21 15:29:28 「私たちの永遠のヒーロー」。中村さんの写真や絵を会社事務所に飾るルジー・ハーンさん(左)。息子のジッシャンハーンさん(右)や娘のハヤムさん(中央)らに、中村さんの功績を伝えている(12月27日、佐賀県多久市で)=貞末ヒトミ撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/02/20200203-OYT8I50039-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ