写真

庭園の深緑鮮やか、テーブルに映り込む「庭鏡」…昭和初期の「旧邸御室」

テーブルに映し出される「庭鏡」を楽しむ人(12日午後4時35分、京都市右京区の「旧邸御室」で)=長沖真未撮影
記事を読む
1 / 1

 昭和初期に建てられた国登録有形文化財の邸宅「旧邸御室(おむろ)」(京都市右京区)が公開され、大広間のテーブルに映り込んだ庭園の深緑が観光客の目を楽しませている。新型コロナウイルスの影響で、5月から4か月遅れの公開となっ…

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)