読売新聞オンライン

メニュー

写真

宮崎の教訓、台風の中心から遠くても大雨被害の可能性

戻る 進む
塚原ダムで捜索活動を行う消防団員ら(12日、宮崎県諸塚村で)=小川哲雄撮影
記事を読む
3 / 3

 九州の西海上を7日に通過した台風10号は、台風の中心から離れた宮崎県や四国に大雨をもたらした。24時間雨量の上位は宮崎県が占め、椎葉(しいば)村では、昨年9月の1か月間の約1・8倍に。台風シーズンが続く中、気象庁は「台…

無断転載・複製を禁じます

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)