写真

聖徳太子の一族、焼き打ちされた痕跡…法隆寺の資料倉庫で発見

約80年ぶりに見つかった斑鳩宮の壁土の破片(12日、奈良県斑鳩町の斑鳩文化財センターで)=前田尚紀撮影
記事を読む
1 / 1

 奈良県斑鳩町で、聖徳太子が造営した斑鳩宮(いかるがのみや)の壁土の破片が約80年ぶりに見つかった。戦前に発掘されたが、その後所在不明になっていた。破片には、643年に焼き打ちされた際についたとみられる痕跡があり、研究者…

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)