読売新聞オンライン

メニュー

写真

ジップエア旅客便離陸 成田―ソウル線 コロナで就航遅れ 社長「需要回復へ備え責務」

戻る 進む
社員の見送りと放水を受け、ソウルへ出発するジップエア初の旅客便(16日、成田空港で)
記事を読む
1 / 2

 成田空港を拠点とする格安航空会社(LCC)「ジップエア トーキョー」は16日、同社初の旅客便となる成田―ソウル線の運航を始めた。新型コロナウイルスの影響で就航が遅れ、航空業界の苦境が続く中でのスタート。西田真吾社長は「…

無断転載・複製を禁じます

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)