読売新聞オンライン

メニュー

写真

大堀相馬焼の火西郷で 「松永窯」避難先で再建へ

戻る 進む
「走り駒」と「青ひび」が特徴の大堀相馬焼
記事を読む
2 / 2

 原発事故で西郷村に避難し、プレハブの仮工房で作陶していた大堀相馬焼の「松永窯」(浪江町)が、現在の避難先に新工房を再建すると決めた。開業予定は震災10年となる来年3月。3代目窯元の松永和生さん(71)は「浪江に戻りたい…

無断転載・複製を禁じます

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)