読売新聞オンライン

メニュー

写真

嵯峨嵐山観光PR兼務

旅館の若女将と「嵯峨嵐山のPR担当」としての二足のわらじを履く松本さん(兵庫県豊岡市で)
記事を読む
1 / 1

 <人間よりサルの方が多いとか、久しぶり。> 2月、国内でも感染が広がりつつあった新型コロナウイルスの影響で訪日客が消え、閑散とする嵯峨嵐山の状況を逆手に取った自虐的なキャッチコピーがSNSで話題となった。生み出したのは…

無断転載・複製を禁じます

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)