写真

立体映像が被爆体験を伝える…AI語り部、長崎で開発進む

自身の立体映像の写真を前に語る山脇さん(長崎市の自宅で)=坂口祐治撮影
記事を読む
1 / 1

 戦争の惨禍をどうリアルに後世に伝えるか関係者が知恵を絞っている。戦時を生きた人がいなくなる時が近づき、あの日の記憶をつなぎとめようという思いは強い。(牟田口洸介) 実在する被爆者の立体映像がスクリーンに映され、「ガラス…

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)