読売新聞オンライン

メニュー

写真

[安心の設計]「休眠預金」活用 若者を支援

戻る 進む
消毒作業をする30歳代の男性は、昨年11月から働き始めた。「仕事探しで行き詰まり応募した」という(岐阜市の市立茜部小で)
記事を読む
1 / 3

 新型コロナウイルスの感染拡大で、雇用への影響が広がっている。こうした中、金融機関に預けたまま10年以上放置された休眠預金を活用し、突然の失業などで困窮する若者を支援する取り組みが始まった。(板垣茂良) 「お金を稼ぎなが…

無断転載・複製を禁じます

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)