読売新聞オンライン

メニュー

写真

福島・宮城など9県で計151人けが…土砂崩れの常磐道では撤去作業続く

戻る 進む
持参したペットボトルに給水車から、水を入れてもらう女性(14日午前9時35分、宮城県山元町の町防災拠点・山下地域交流センターで)=青木聡志撮影
記事を読む
1 / 2

 福島県と宮城県で震度6強を観測した13日夜の地震で、読売新聞のまとめでは14日午後5時現在、福島県で78人、宮城県で55人、栃木県で7人など、9県で計151人のけが人が出ている。このうち、福島と宮城、埼玉、千葉県の計8…

無断転載・複製を禁じます

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)