読売新聞オンライン

メニュー

写真

きっかけは路上ライブ、両手が奏でる音色でひとり親支援を…「夢諦めないで」

路上ライブで手笛の演奏を披露するなかしまさん(17日、福岡市・天神で)=池園昌隆撮影
記事を読む
1 / 1

 両手を組んで作った空間に息を吹き込んで音を鳴らす「手笛」の奏者、なかしま拓さん(25)(福岡市博多区)が、新型コロナウイルスの影響で経済的に苦しむひとり親家庭を支援する活動を2月にスタートさせた。そのきっかけは、路上ラ…

無断転載・複製を禁じます

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)