写真

「地球上最悪の侵略的植物」淡路島で繁殖、拡大しつつあり完全除去に10年以上か

戻る 進む
ナガエツルノゲイトウを駆除するため、遮光シートで覆う住民ら
記事を読む
1 / 2

 生態系や稲作への悪影響が懸念される特定外来生物の水草が、兵庫県洲本市五色町都志米山の本田(ほんでん)池で確認された。「地球上で最悪の侵略的植物」と言われるほど繁殖力が強い「ナガエツルノゲイトウ」。周辺にも拡大しつつあり…

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)