読売新聞オンライン

メニュー

写真

事件の3か月前結婚、「しょっちゅうもめていた」…一緒にいた時間に覚醒剤飲ませたか

戻る 進む
野崎幸助さんの自宅だった建物(28日午前、和歌山県田辺市で、読売ヘリから)
記事を読む
2 / 3

 「紀州のドン・ファン」と呼ばれた和歌山県田辺市の会社経営者野崎幸助さん(当時77歳)が急性覚醒剤中毒で死亡した事件は、発生から3年を前に急展開を見せた。28日に県警に殺人容疑などで逮捕されたのは、野崎さんが覚醒剤を飲ま…

無断転載・複製を禁じます

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)