読売新聞オンライン

メニュー

写真

「毎日ずっと同じゲーム」の苦悩越え、パリへと歩む…東京オリンピック逃した銅メダリスト・荒井広宙

戻る 進む
東京オリンピックの出場権を逃した日本選手権直後に肩を落とす競歩・荒井広宙(左。2021年4月11日・石川県輪島市で)、銅メダルに輝いたリオデジャネイロ五輪男子50キロ競歩でゴールする荒井(右。16年8月19日)
記事を読む
1 / 4

 2016年リオデジャネイロオリンピックの男子50キロ競歩銅メダリスト・荒井広宙(ひろおき)(富士通)が、21年4月11日の日本選手権50キロ競歩で優勝を逃し、東京五輪出場の望みを絶たれた。それでも、32歳のベテランは日…

無断転載・複製を禁じます

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)