読売新聞オンライン

メニュー

写真

「毎日ずっと同じゲーム」の苦悩越え、パリへと歩む…東京オリンピック逃した銅メダリスト・荒井広宙

戻る 進む
世界選手権で2位に入って両腕を広げて喜ぶ荒井(上。2017年8月13日・ロンドンで)、リオ五輪後に出身地で祝賀パレードに参加した荒井(下。16年9月11日・長野県小布施町で)
記事を読む
3 / 4

 2016年リオデジャネイロオリンピックの男子50キロ競歩銅メダリスト・荒井広宙(ひろおき)(富士通)が、21年4月11日の日本選手権50キロ競歩で優勝を逃し、東京五輪出場の望みを絶たれた。それでも、32歳のベテランは日…

無断転載・複製を禁じます

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)