読売新聞オンライン

メニュー

写真

熊本の復興信じ聖火つなぐ…豪雨、ボートで救助奔走・ラフティング会社経営の堺大誉さん

戻る 進む
東無田復興委員会代表、田崎真一さん
記事を読む
2 / 2

 沖縄県から届いた東京オリンピックの聖火は5、6の両日、熊本県内13市町村を巡った。「被災地に希望を」「元気な姿を全国に届けたい」――。168人のランナーたちは、それぞれの思いを胸に、聖火をつなぐ大役を果たした。聖火は長…

無断転載・複製を禁じます

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)