読売新聞オンライン

メニュー

写真

「市原ぞうの国」でゾウ6頭が下痢症状、雌の2頭相次いで死ぬ

死んだ2頭のために設置された献花台(17日、千葉県市原市の市原ぞうの国で)=大津杜都撮影
記事を読む
1 / 1

 千葉県市原市の動物園「市原ぞうの国」で16日、アジアゾウ2頭が相次いで死んだ。 同園によると、飼育しているゾウ12頭のうち6頭に、14日午後から下痢などの症状が表れた。死んだのは、どちらも雌のミニスター(35歳)とプー…

無断転載・複製を禁じます

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)