読売新聞オンライン

メニュー

写真

気象庁「薄紫は避難の合図」…大雨災害発生の危険度、「キキクル」で判断

地図上に示された色分けで確認できる大雨災害の「危険度分布」(気象庁のウェブサイトより)
記事を読む
1 / 1

 気象庁は大雨による災害発生の危険度を地図上で確認できる「危険度分布」(愛称・キキクル)をウェブサイトに公開している。土砂災害、浸水害、洪水それぞれの危険度を色分けして表示。最も危険度が高まっている「紫」では、すでに道路…

無断転載・複製を禁じます

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)